FC2ブログ

芭蕉の湯(宮城県)へのペンキ絵制作日記_2018年8月18日

西日本の台風、北海道での震災で被災されたかた、お見舞い申し上げます。
※震災後、北海道での入浴情報でお困りのかた、下記記事をご覧ください。
http://mizu111.blog40.fc2.com/blog-entry-746.html


(本日、これから、まとめて3本のブログを書きます。
また、先日の大正湯へ制作した記事に画像も載せます。)

1つめのブログは、芭蕉の湯(宮城県)で描いたペンキ絵とワークショップの報告です。


●入浴施設: 芭蕉の湯
      〒宮城郡松島町松島字石田沢32-1
      (東北本線「松島駅」下車、タクシーで約5分。 
      バスでお越しの場合は、松島町営バス「湯の原温泉前」下車。)

●営業日時: 10:00~20:00、木曜休

●HP: http://basyonoyu.jp/



昨年ペンキ絵を描かせて頂き、今年の夏の8月18日にはライブペイントとワークショップをさせて頂いた、芭蕉の湯さん。
門構えから素敵なので、ぜひ上記HPを観てください。

温泉勝負のシンプルな浴室と、出汁からこだわった食事の楽しめるお食事処、そして若手アーティストの作品も購入できる売店などがある、なごめる空間です。

なお、明日もお楽しみ頂けると思うのですが、先週から金曜日の夜に「大人の銭湯時間」なるプロジェクトが行われております。
館内が間接照明のみになり、落ち着いたムーディーな空間を楽しめるとのこと。

芭蕉の湯_convert_20180906235941


下記サイト、ご覧ください。

http://basyonoyu.jp/news/?p=228

雰囲気、無茶苦茶良い感じです。





さて、当日は1時間半のライブペイントと、ワークショップを行いまして、、、
描いた絵が先日、館内に設置されました。


ワークショップで子供たちが頑張って描いてくれた絵がこちらで、、、

芭蕉の湯5_convert_20180913212141

田中のライブペイントの絵がこちらです。

芭蕉の湯6_convert_20180913211749

当日は河北新報さんも取材に来てくださり、8月末に掲載されました。

芭蕉の湯_河北新報20180825_convert_20180913212022

子供たちが慣れないペンキで「何を描こう、、、」と迷いながら描いてくれた絵、カラフルで観ていて元気が出る絵になっています。
ぜひご覧ください。



なお、芭蕉の湯の駐車場にはスタッフに可愛がられている猫さん「芭蕉のユージくん」がいます。
撮影を試みるも、写真は撮れなかったのですが、、、

芭蕉のユージくん情報が出てきそうなツイッターが、こちら。
様々な催しの告知も出ているため、確認頂いてからお風呂に入りに行くとさらに楽しめそうです。

https://twitter.com/basyonoyu


震災後の北海道の入浴施設情報_2018年9月

西日本の洪水の被害、北海道の震災で被災されたかたに、お見舞い申し上げます。


●北海道でお風呂に入れる施設についての情報について

日本各地の銭湯・浴場施設の情報をめとめていらっしゃるブログ「奥の細道(東北の銭湯めぐり)」で、震災後に入浴できる北海道の営業中の入浴施設(銭湯、スーパー銭湯、温泉等)についての情報が更新されています。
随時更新されていくようです。

http://1010meguri.blog.fc2.com/blog-entry-296.html

(ブログ執筆者のかた、急なご連絡でしたがリンク掲載許可を下さりありがとうございました。)

なお、ブログ執筆者のかたのアドバイスによると、
 「各地の自治体のサイトなどにも入浴できる施設の情報などが掲載されている」
とのことで、既に確認なさっている方も多いと思いますが、現地でお困りの場合は上記ブログと合わせてご確認ください。

続きを読む »

大正湯(東京都 大田区)でのペンキ絵制作、12月28日までご覧頂けます。__2018年7月20日_2018年9月13日追記

先月、大正湯(大田区)で描かせて頂いた絵についてブログに掲載せねばと思っていたところ、昨夜Yahooニュースなどに出たことに気づき慌てて掲載いたします、、。

Yahooニュースに関しては下記をご覧ください。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00010002-tokyomxv-soci

●ペンキ絵制作銭湯
大正湯
〒 東京都大田区東蒲田1-21-6
京浜急行線「京急蒲田」駅から徒歩5分

●銭湯営業日時
16:00~24:00、金曜休

●The sento(Japanese public bath) where my work is seen in.
Taisho-yu
〒 1-21-6 higashi-kamata,ota-ku, Tokyo Prefecture,Japan
Keihin-kyuko Line : Keikyu Kamata Sta. / A 5 min walk

●Opening hours
16:00~24:00.
Friday is closed.


今回はペンキ絵では珍しく、男湯には鹿児島の桜島と西郷隆盛、女湯には大田区の洗足池と勝海舟を描かせて頂きました。
勝海舟、来年2019年に大田区で勝海舟記念館が設立予定ということで、注目されています。


制作後、東京新聞などに掲載頂けたようで、ご覧頂けていれば有難い限りです。
絵は12月28日までご覧頂けますので、ぜひ大正湯にてお楽しみ下さい。


実は現在出張中にて写真掲載などができず、また追って写真など載せさせて頂きます。

-ー-
,,,ということで、改めて、写真を掲載いたします。

お風呂場の流しのところの飾りが可愛い、、、
大正湯4_20180720_convert_20180906235828




というプチ情報はともかく、制作当日には、こんなポスターが貼られていたり、、、

大正湯2_20180720_convert_20180906235725


鹿児島!!な看板があったり、、、

大正湯3_20180720_convert_20180906235755


そんな中、絵を描かせて頂きました。

大正湯1_convert_20180906235644

大正湯5_20180720_convert_20180906235857

制作にあたり悩まされたのは、人物の目線。

「目が合うと気まずいから、こちらを観ていない目線にして、そして、何処を観ているかというと、、、」

大正湯で確認して頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

(※2018年9月13日、追記いたしました。)

「親子de銭湯」@江戸川区で行ったワークショップと、J:COMでの本日の放送_2018年8月14日

8月11日には、江戸川区で開催されたイベント「親子de銭湯」でワークショップをさせて頂きました。

参加者には親子でご参加頂き、子供みらい館にて第二寿湯の御主人の鴫原氏による銭湯についての講義の後にワークショップ、そして近くの竹の湯さんに皆で入浴へ行くという催しでした。

写真_2018-08-11_14_50_19_convert_20180814100743

子供みらい館には図書館もあり、しかも、隣の建物には可愛いポニーもいて、子供の夢のような空間でした、、、。

写真_2018-08-11_14_27_28_convert_20180814100810






会場は、江戸川区の浴場組合のキャラクター「お湯の富士」でにぎやか。

写真_2018-08-11_12_02_20_convert_20180814101120

写真_2018-08-11_12_02_38_convert_20180814101051



こちらは、出番待ちのお湯の富士。
可愛いですね。

写真改_2018-08-11_12_30_08_convert_20180814100929




沢山の親子が参加して下さったのですが、、、

写真_2018-08-11_12_30_01_convert_20180814101025

応募人数が多く、抽選となってしまったようで、外れてしまったかたには申し訳ない限りです。


ワークショップでは、子供たちがペンキで松と海の生き物を描いてくれました。
カラフルです!!

写真_2018-08-11_13_25_37_convert_20180814100907

写真_2018-08-11_14_02_12_convert_20180814100837

銭湯に親しむイベントの1日、参加者の皆さんに楽しんで頂けていれば嬉しい限りです。



なお、当日の様子が、本日2018年8月14日の17時からJ:COMにて放送されます。
ご覧頂けましたら幸いです。

『富士山デイズ Vol.1』(東京ニュース通信社)に掲載頂きました_2018年8月

7月の大田区でのペンキ絵制作について描きたいまま時間が過ぎております、、、近日描かせて頂きます。

取り急ぎ、雑誌記事掲載のお知らせです。
『富士山デイズ Vol.1』(東京ニュース通信社、2018年8月11日)に、掲載頂きました。
https://www.amazon.co.jp/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1%E3%83%87%E3%82%A4%E3%82%BA-vol-1/dp/486336797X

富士山デイズ_20180814_convert_20180814100703

(写真、ぜひ誌面実物をご覧頂きたく、プレさせております。恐縮です。)

『富士山デイズ』は富士山麓で暮らすライフスタイルマガジンです。
その中で、都内でも富士山が楽しめる場所として、田中の描いたペンキ絵のある銭湯が紹介されました。

撮影場所は、「お湯の富士」も人気の第二寿湯さん。
場所や営業時間など、下記からご覧ください。

http://www.oyunofuji1010.com/gallery/2015/06/post-23.php

お読み頂けましたら幸いです。