喜久の湯(葛飾区)さんにてペンキ絵制作 

私事ですが、、、20日を持って、平日に勤めていた会社を退社しました。
もっと働いていられれば良かったのですが。
働いていた際、へなちょこ新人にやさしくしてくださった色々なかたに、この場を借りてお世話になった点を感謝いたします!!

これからは、暗中模索しつつ、見習いと、美術系のライター業でしばらく生活していきます(実は、大学・大学院で近代日本美術史を専攻していました。ライター業、文章が掲載されるようになったら、詳細掲載させていただきます。)
ペンキ絵続けていいよ、と言ってくださる奇特な経営者のかたのもとで働けるお仕事を探しつつ☆


で、その翌日、8月21日、ありがたいことに早速ペンキ絵のお仕事です。
喜久の湯(葛飾区東立石2-21-16)さん。
DSCF3459_convert_20090824142642[1]
DSCF3462_convert_20090824142803[1]DSCF3463_convert_20090824142904[1]
朝、現場近くのお弁当屋で朝食を仕入れ、現場についてびっくりです。






ペンキ絵までが、高い!!!
DSCF3437_convert_20090824141104[1]
DSCF3442_convert_20090824141314[1]DSCF3444_convert_20090824141538[1]


ここに届く足場を組むということで、、、
通常の足場の上にさらに脚立を立て、その上に三段はしごを横にしてON。
両脇から板でささえてチェーンでとめて固定。
さて、そんな足場ですが、、、
よく見ると、この足場自体がかなり美しくて。
ちなみに組んでる時は、幼き日に木の上に作った秘密基地を作る時のやんちゃ気分でした。


DSCF3449_convert_20090824141955[1]DSCF3448_convert_20090824141758[1]DSCF3445_convert_20090824141641[1]DSCF3451_convert_20090824142114[1]DSCF3455_convert_20090824142341[1]




空中で地面となったはしごの段と段の隙間から、はるか下に湯船のそこがみえました。
、、、、えへへ☆
ひざが笑います。

しかも、この上にさらにビールケースを逆さにした台を乗せての作業があり、、、。


実は私、高い足場の上に登るときに必ず思いだす映画があります。
ルコント監督の、『橋の上の娘』(1998年、仏)。ナイフ投げの男が橋の上で出会った女の子に、的になってもらう話。
ナイフ投げの的になるヴァネッサ・パラディの体すれすれにナイフが刺さっていく感じ、、、あれです。高い足場の上の感覚は。体の極限の緊張感と、一瞬の快感。まあ、当然こちらはヴァネッサさんのような容姿ではなく、作業着を着たアンパンマンのような風体で作業をしているので、はたから見ていると全く色気はないのですが、、、、。
あの明るい平和な風景の絵が生まれる際に、そんな状況が含まれているなんて、と思いながら眺めていただくのも一興かと思います。
まあ、乗ってしまうと大抵は恐さも忘れているのですが。
DSCF3457_convert_20090824142550[1]



で、制作。前に描いたのは、平成17年の7月27日、、、。
制作自体は、画面はそれほど大きくないので意外に早かったのですが、足場に乗れるのが一人なので師匠だけが動くのを、下からまさに「見」習っている一日でした、、、。
DSCF3465_convert_20090824143102[1]


師匠、「足、辛いなあ」、を連呼。
高いところだと、足の緊張が半端でないのです。まる一日上にいる、というのは、恐ろしく疲れるのですよね。
なのに、おやつには見学者さんたちと食べるために持ってきてくださったスイカを切り、ご満悦。
器の大きさというのは、こういう、何か楽しむ感覚にあるのだろうなあといつも思います。


というわけで、天空のペンキ絵、是非御覧ください。









スポンサーサイト

COMMENTS

お疲れさまでした

こんばんは。

ずいぶんご無沙汰してしまいました。久しぶりにこちらに訪れました。
そうでしたか、会社は退職されたんですね。お疲れさまでした。
どうかこの時間を、無理をせず有意義にお過ごしください。
いい勤め先が見つかるといいですね。
ペンキ絵制作と併せて、陰ながら応援しています。

自分は銭湯巡りもご無沙汰しています。
7月の終わり頃、御徒町の「燕湯」さんで富士山詣の10合目を達成して以来
どこにも行っていないんです。
そろそろ、どこかに行きたくなってきました。

季節の変わりめ、どうぞ健康にはお気をつけください。

Re: お疲れさまでした

ツトム様

おひさしぶりです。コメント、ありがとうございます☆
色々とあり、本当は会社も続けたかったのですが、、、。

ご多忙でしょうか。富士山詣10合というだけでかなりすごいと思いますが、、、、またお時間ありましたら、銭湯へ、どうぞ☆
こちらもペンキ絵、がんばっていきます!





> こんばんは。
>
> ずいぶんご無沙汰してしまいました。久しぶりにこちらに訪れました。
> そうでしたか、会社は退職されたんですね。お疲れさまでした。
> どうかこの時間を、無理をせず有意義にお過ごしください。
> いい勤め先が見つかるといいですね。
> ペンキ絵制作と併せて、陰ながら応援しています。
>
> 自分は銭湯巡りもご無沙汰しています。
> 7月の終わり頃、御徒町の「燕湯」さんで富士山詣の10合目を達成して以来
> どこにも行っていないんです。
> そろそろ、どこかに行きたくなってきました。
>
> 季節の変わりめ、どうぞ健康にはお気をつけください。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)