映画「ジオストーム」×寿湯(台東区)コラボ、1月21日(日)まで「地終嵐湯(ジオストーム湯)」期間限定オープン_2018年1月13日_1月19日追記

昨日2018年1月12日(金)から1月21日(日)まで、台東区の寿湯さんが期間限定で「地終嵐湯(ジオストーム湯)」になっています。
1月19日(金)公開の、映画「ジオストーム」とのコラボレーション企画です。

※先日ネットで情報公開となりましたが、こちらはTOKYO SENTOさんとのコラボレーション企画でした。
TOKYO SENTOさんによる本件記事については下記サイトをご覧ください。(2018年1月19日追記)
http://tokyosento.com/pr/17739/


ジオストーム湯_寿湯外観_20180113_convert_20180113090749

映画「ジオストーム」サイトはこちら↓
http://wwws.warnerbros.co.jp/geostorm/

PR資料のあらすじによると、、、
「地球の天を制御する気象コントロール衛星により、世界の天候は完璧に管理されていた。
ろころが、ある日、衛星が暴走を始める。
リオデジャネイロがかんぱに、香港が、地割れに、ドバイが洪水に…
想像を絶する空前絶後の災害が勃発!なぜ!? 地球はどうなる!!?」
という映画。

事前に拝見したのですが、ディザスター映画だと思っていたら、アクションあり、ミステリーあり、政治あり、なおかつ不器用な生き方のヒーローと格好良い女性が大活躍で物凄く楽しませて頂きました。
1分に1度はハラハラさせられる映画、終わった後も映画について誰かに語りたくなるはずです。
映画館で観てください。
脚本も凄いです。
今まで似た映画もあったと思われるかもしれないのですが、過去作を踏まえて、現代のエンターテイメントはなんて繊細に脚本を組んでいくんだろうとハリウッドの底力を感じるエンターテイメント映画でした。
なお。監督・脚本・製作は「GODZILLA」(1998)で製作・脚本も手掛けたディーン・デブリン氏です。

ジオストーム湯_のれん_20180113_convert_20180113090830


「地終嵐湯(ジオスト―ム湯」こと寿湯さん住所は下記です。
●住所:  東京都台東区東上野5-4-17(銀座線「稲荷町駅」より徒歩2分、JR「上野駅」より徒歩12分)
●営業時間:  11:00~25:30 (土日は17:00から氷を水風呂に投入)

今回こちらで、映画に因んだ絵を描かせて頂いたのですが、、、それよりも大切なのが、この情報。

期間中に、「地終嵐湯」の外観を写真に撮り公式ハッシュタグ「 #ジオストーム日本直撃」をつけてSNSに投稿すると、受付で毎日先着30名までオリジナルタオルが貰えます!!

また、地終嵐湯、映画と合わせて下記特別仕様となっております。

・「すべてを焼き尽くす!灼熱サウナ100°C」
・「身も凍る!氷風呂」(土日17時より氷投入)」
・「ディザスター写真展in露天風呂」

などなど、、、
これは、体感するしかないです。

田中の描いた絵はこちら。
ジオストーム湯_男湯ペンキ絵_20180113_convert_20180113090914

ジオストーム湯_女湯ペンキ絵_20180113_convert_20180113090849


期間中にぜひ、行ってみてください。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)