「文京の湯 銭湯MUSEUM」展示開催中&ワークショップのこと、そして、トークイベント(10月9日)参加者募集

先日も掲載した、2017年9月30日(土)から12月3日(日)まで文京区内の全6つの銭湯で開催中の「文京MUSEUM」。
6人の作家さんが一人ずつ銭湯に展示をしていて、田中も歌舞伎湯に展示させて頂いております。

各銭湯情報や展示詳細は、下記の前のブログをご覧ください。

http://mizu111.blog40.fc2.com/blog-entry-681.html



田中が展示をさせて頂いているのが、歌舞伎湯さん。

銭湯MUSEUM_歌舞伎湯_1_20171001
(※イベント準備のため、特別に銭湯の横に車を停めさせて頂きました。通常は駐車できません。)

場所など、下記をご参照ください。

【歌舞伎湯】
(〒 文京区小石川3-12-1  都営三田線・大江戸線「春日駅」A5出口、丸の内線「後楽園」駅から徒歩10分)
営業時間:15時〜23時30分、金曜休。

電機風呂、薬湯、泡風呂、水風呂などが楽しめるほか、脱衣所のマッサージチェアやロデオボーイも無料で使えるというサービスっぷり。
シャンプ―や石鹸を忘れても、銭湯で借りられます。
銭湯MUSEUM_歌舞伎湯_3_20171001


赤絨毯のような床の内装もゴージャスなこちらの銭湯、はじめはどんな展示にしようか迷いました。
「歌舞伎」湯ということで、歌舞伎をモチーフにした展示にしようかと思っていたのですが、、、

綺麗で気さくでお茶目という凄い女将さんと相談する中で、「歌舞伎も良いのですが、実は私は●●歌劇団が好きで、、、」という話になり、、某歌劇団をイメージした展示にすることにしました。

銭湯、御主人や女将さんの人柄が出ていると、お話していても楽しいですね。

そんなわけで、少し展示を掲載します。
「PLAY」というタイトルの展示にしました。

まず、どうしても作りたかった顔はめパネル。

銭湯MUSEUM_歌舞伎湯_4_20171001

銭湯MUSEUM_歌舞伎湯_620171001

銭湯MUSEUM_歌舞伎湯_2_20171001

こちら、撮影可です。
(ほかの展示作は、脱衣所や浴室内のため撮影ができません。)


浴室内はこんな感じです。
銭湯MUSEUM_歌舞伎湯_5_20171001

脱衣所からサウナ室の窓なども観て頂けると嬉しいです、、、。

なお、10月1日には、子供たちとワークショップを行い、作品を制作しました。

銭湯MUSEUM_歌舞伎湯_8_20171001

子供たちと描いた絵、脱衣所に展示してあります!!
カラフルで元気な絵、ぜひご覧ください。
子供たちのお父様やお母様が見守る中、本当に熱心に描いていて、描くスペースが足りなくなるほどでした。

制作の後、歌舞伎湯さん皆で入浴して、ワークショップの終わりです。

そして、最後、顔はめパネルを試すお父様と撮影するお母様、そして子供たちの歓声、嬉しかったですね、、、。
銭湯MUSEUM_歌舞伎湯_9_20171001

楽しんでもらえていれば、と願うばかりです。


歌舞伎湯、ぜひお楽しみ頂けましたら幸いです。
顔はめパネルで撮影して、SNSにあげて下さると嬉しいです、、、、。



なお、10月9日(月)に今回の展示者6名のトークイベントがあります。
下記、ご参照下さい。
http://sentomuseum20171009.peatix.com/


予約が必要なものの、座席僅少となっております。
お早目にご予約頂けると安心かと思います。

当日、銭湯大使のステファニー・コロインさんの著作『銭湯は、小さな美術館』(啓文社書房)も販売します。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)