《わにわにinterview 「ウラカタ伝」(わにわに伝)》、便利屋こまむらの第二回目のインタビュー記事が掲載されました。

朝山実さんによるインタビューサイト《わにわにinterview 「ウラカタ伝」(わにわに伝)》にて、私の夫「便利屋こまむら」の駒村佳和の第2回目の記事が公開となりました。

「こまったら、こまむらさんの大反省」。
http://waniwanio.hatenadiary.com/entry/2016/12/12/202204


前にブログでご紹介した記事はこちらです。
http://mizu111.blog40.fc2.com/blog-entry-631.html


そして、面白かったのが朝山さんのツイートと、夫のツイート。
IMG_3357_convert_20161213113147.png


「凡人」になぜ話を聞こうと思ったのか。

そこがこのインタビューの面白さだと思えます。
大手のメディアではなかなか取り上げられない人物かも知れませんが、話を聞いてみると思わず共感することを言ってきたりして。

アンディ・ウォーホルは「人は誰でもその生涯で15分だけは有名になれる」と言いましたが、、、
不思議なことに、このインタビューに出たからといって夫が「有名」になるとは思えません。
もちろん、このサイトは読者数も多いでしょうし影響力もあるでしょうが、「有名」とは少し違う何かなのです。

この「何か」が、何なのか。
そもそも夫にとって「有名」というものが、目的ではなく手段のリストの最後尾にあるものだからかも知れません。

そんなことを考えながら、連載の続きを待つ毎日です。
街で一瞬だけ隣にいるような人間、格好つけない人間の生きざまと話を聴くことは、有名にはつながらずとも有意義なものだと思うのです。



スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)