2016年12月14日、「テンポロジー・サロンVol.29 世の中が気づき始めた“銭湯の底力”」でお話をします。

12月14日、文京建築会ユースの栗生はるかさんと、「テンポロジー・サロンVol.29」にて銭湯のお話をすることになりました。
下記のFacebookサイトにイベント詳細、参加方法などが書かれています。

白石正美(SCAI THE BATHHOUSE代表)氏とお話することになり、緊張しつつもワクワクしております。
モデレーターは、文京建築会ユースの栗生はるかさん。
どんな会になるのか、楽しみです。

https://www.facebook.com/events/372380836443558/



上記サイトから、日時、場所などの情報を転載します。

―――
■テンポロジー・サロンVol.29 
「世の中が気づき始めた“銭湯の底力”」
■ゲスト:白石正美(SCAI THE BATHHOUSE代表)
田中みずき(銭湯ペンキ絵師)
■モデレーター:栗生はるか(文京区建築家ユース代表)
■日 時:12月14日(水)開場18:00  開始:18:30~   懇親会20:00~
■場 所:CTW表参道   渋谷区神宮前5-12-7カルチャー表参道2階
■定 員:40名
■参加費:会員 500円 + 何か一品差入れご持参いただければありがたいです!
       一般 3.000円
■問合せ/申込み:(一社)テンポロジー未来機構事務局 清野まで
℡:03-68029-8309 Mail:tempology18@gmail.com


■Profile
白石正美
1948年東京生まれ。慶應義塾大学文学部美学美術史専攻。フジテレビギャラリーを経て、東高現代美術館副館長に就任。89年、白石コンテンポラリーアートを設立後、NICAF国際コンテンポラリーアートフェスティバルを立ち上げる。93年、歴史ある銭湯「柏湯」を改装し、SCAI THE BATHHOUSEをオープン。
アニッシュ・カブーア、李禹煥、宮島達男、森万里子、名和晃平らが所属する。14年社名をスカイザバスハウスに変更。同社代表。
田中みずき
1983年、大阪生まれ。幼少時から東京在住。明治学院大学在学中に銭湯ペンキ絵師・中島
盛夫氏に弟子入り。現在は独立し、銭湯のペンキ絵のほか、老人ホームの浴室や店舗など制作の
場を広げている。現代美術展覧会・レビュー情報サイト「カロンズネット」元編集長。展覧会への出
品参加例として、《田中みずき 銭湯ペンキ絵展》(新潟県 農舞台、2014年)、《限界芸術
百選展》(「越後妻有アートトリエンナーレ2015」、新潟県 農舞台、2015年、)、《和のあか
り×百段階段》展(東京都、2016年)などがある。

栗生はるか
文京区建築家ユース代表 早稲田大学大学院建築学専攻修了。ヴェネツィア建築大学都市
計画学科留学。08-12年 ㈱NHKアート、文化事業開発ディレクター。12年より横浜国立大
学大学院建築都市スクール"Y-GSA"スタジオ・アシスタント、Mosaic Design共同主宰。15年
より法政大学デザイン工学部建築学科教育技術員。建築教育、デザインに携わりながら、地域の
魅力を様々な角度から発信する有志団体、文京建築会ユースの代表を務める。「ご近所のぜいたく
空間"銭湯♨︎"」と題した展覧会やドキュメンタリー映画撮影などを展開中。14年文の京 都市景
観賞「景観づくり活動賞」受賞。
―――

なお、テンポロジー未来機構HPはこちらです。
http://www.tempology.org/

ご参加頂けましたら幸いです。



※ゲスト情報の更新により、一部記事を改めています。(2016年11月28日現在)
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)