福竜丸船(静岡・焼津市)浴室へのペンキ絵制作日記_2016年2月26日

※一般の方はご覧になれないため、詳細は掲載いたしません。


とても珍しいお仕事をしてきました。
お店でも、お風呂でもなく、遠洋漁業船の中の浴室に絵を描くお仕事です。

IMG_1729_convert_20161010133700.jpg


漁業に出る前の、船の調整の時期に合わせての制作です。

海のお話、船員の生活など、船を観ながらお話を伺いました。
気分は、ジブリの世界。

IMG_1745_convert_20161010133832.jpg


飛行船には乗らずとも、気持ちの良い男たちの話を聞いてきました。

お昼休憩で、美味しいマグロを頂きながらお話を伺うと、、、

IMG_1740_convert_20161010133815.jpg


第五福竜丸の会社とのこと。
帰宅後、改めて第五福竜丸事件について調べなおしました。
また、当日は歴史だけではなく現代の漁業に携わる人々についてのお話も聴けました。人件費などにより日本の船員が減っているとのこと。
時代の波と、どのような選択をしていくべきなのかという思考方法を伺い、自分の仕事についても考えさせられました。



そして、富士山の制作。

IMG_1737_convert_20161010133736.jpg


1年近くの海での生活の中で眺められる富士山です。
絵を観ながら、船員の皆さんの話のネタになったり、この港に戻ってきたことを考えたりするのだろうなぁと、思いを馳せながらの制作となりました。

160226_convert_20161010133643.jpg


今も、遠くの海で富士山を眺めているかたがいる。
寝る前に、そんなことを考えながら目を閉じるようになりました。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)