大正湯(愛媛県八幡浜市)、再開しました。

●ペンキ絵板制作銭湯
大正湯
〒愛媛県八幡浜市大正1132
JR四国「八幡浜駅」から徒歩12分

●銭湯営業日時
15:00~20:00、日曜休

●Facebook: http://facebook.com/taisyoyu/


●The sento(Japanese public bath) where children's and my work is seen in.
Taisyo-yu
〒 1132 Taisyo,yawatahama-shi, Ehime Prefecture,Japan
JR Shikoku Line: Yawatahama Sta. / A 12 min walk

●Opening hours
15:00~20 :00.
Sunday is closed.

●Facebook: http://facebook.com/taisyoyu/


今年の夏、愛媛県の八幡浜市で子供たちとペンキ絵を制作するワークショップを行いました。
(このイベントが、NHK四国、愛媛新聞、八幡浜新聞などで報道されました。
なお、今回の再開についてのNHK四国での報道はこちらからご覧頂けます→http://www.nhk.or.jp/matsuyama-news/20160923/5790591.html

できた絵はこちら!

IMG_2785_convert_20160926000321.jpg

こちらには、大正湯近くの明治橋や、、、

IMG_2817_convert_20160926000954.jpg

地元の名物である段々みかん畑などに加え、、、

IMG_2798_convert_20160926000628.jpg


港のフェリーや日本の飛行機史で忘れてはならない二宮忠八(八幡浜出身です!)の飛行機などを描いていき、ワークショップ当日に海の中に子供たちにお魚たちを描いてもらいました。
海の部分を毎年子供たちが描きかえていくシステムにし、地元の子供たちが大正湯に親しみを持ってくれると良いなぁと思っています。


完成した絵をお送りするのは、創業100年を超える、大正湯さん。

この大正湯さんが、9月23日(金)、とうとう再開しました!!
当時はこんな風に工事中だったのですが、現在はすっかり綺麗になっているとのこと。

IMG_2775_convert_20160925235712.jpg

秋にお仕事の寄り道で行く予定なので、とても楽しみです。


八幡浜市、とても素敵な場所で、人がとても温かいです。
また、新しいものと昔からのものが調和し、居心地の良い空気感があります。

新しいものの一つが、「道の駅 八幡浜みなっと」。
IMG_2809_convert_20160926000839.jpg


カフェやお土産と一緒に、すぐ近くの港に上がった御魚も買え、朝には魚市場見学もできます。
IMG_2793_convert_20160926000457.jpg

ぐるりと見渡せる港と山も、癒されます。
IMG_2787_convert_20160926000413.jpg


近くの港で大きな船やフェリーを眺めるのも楽しかったり。

IMG_2805_convert_20160926000723.jpg

色々なイベントもやっているので、HPを確認してから行くと楽しそうです。
「八幡浜みなっと」HPはこちら。
http://www.minatto.net/


なお、私がお邪魔したよ期日には、JAXAの由井亀美也氏のトークイベントがあったようで、面白そうでした。

その一方で、町には昔からのお家なども残っていてとても素敵です。

IMG_2825_convert_20160926001050.jpg

IMG_2827_convert_20160926001146.jpg

IMG_2837_convert_20160926001339.jpg

田中の写真の腕がひどいですが、実際に行くと趣があってとても良い街並みなのです、、、。
建物の横には説明書きもあり、ぷらぷらと歩いていてもとても面白いです。

こちらは、大漁旗などを作っている若松旗店。海外でも評価が高いそうです。
IMG_2845_convert_20160926001435.jpg




ホテルで手にいれた無料のこの地図に助けられました。
古民家や観光スポットなどが写真とともに載っていて散策もしやすくなります。

IMG_3021_convert_20160926001627.jpg


大正湯さん入浴に合わせて八幡浜の町をカメラを持ってぷらりと散歩、とても楽しいはず。
ぜひ、お楽しみください。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)