5月7日、吉祥寺・弁天湯の「風呂ロック」で

先日の日記で描いた、吉祥寺の弁天湯さん。
ここで5月7日に開かれるイベント『風呂ロック』Vol.11において、師匠ナカジマと共にペンキ絵グッズを売ります。

DSCF2497_convert_20090425231008[1]

『風呂ロック』は、音楽イベントです。
今回の出演アーティストは、高田漣(たかだ・れん)氏。
いまさら説明も必要ないかと思いますが、、、ギター・弦楽奏者として、細野晴臣氏、高田幸宏氏、ハナレグミなどのレコーディングやライブで活躍し、映画音楽なども手がけていらっしゃるかたです。フォークシンガー・高田渡氏の息子さんでもあります。

〈イベント参考HP〉
http://www.furorock.com/

※イベントについて、「弁天湯」さんへの問い合わせはおやめください。上記HPを通じてご質問をお願いします。

5月7日(木)・吉祥寺「弁天湯」 武蔵野市吉祥寺本町2-27-13
3500円(1ドリンク付き)
18:00 OPEN/19:00 START
上記HPからチケット入手できます。枚数僅少。早めにお問い合わせください。


もとは、2006年に連続して開催されていた音楽イベントです。惜しまれつつ一時休止していたものが、今年復活。販売等とは関係なく、おすすめのイベントです。私も学生時代、ペンキ絵と銭湯の自主勉強、という名目でお客として何度か足を運んでました。実は、師匠と行ったこともあります、、、。朝崎郁恵さんの時。

丸いドーム状の天井に響きあう音を体感してみてください。
言葉では伝えきれないものが、世の中にはあります。
音に包まれて、肌と鼓膜が震えて、いろんな経験をしてきた個々の人が同じ時間を共有する場です。
根っこは銭湯での入浴と同じような気がします。でも、日常ではなく、特別だから良いものも、あります。



販売予定物は以下の通りです。

・東京浴場組合HPにて好評販売中・ペンキ絵ポスター(2、100円)
→防水加工。ご自宅の浴室に貼って楽しんでいただけます。
→ナカジマ師匠の見附島ほか、丸山氏の富士山2枚。
〈参考・東京浴場組合HP〉
http://www.1010.or.jp/sento/paint/index.php

・当ブログ中、銭湯に入浴した際の日記「石鹸箱の富士」に出てくる石鹸と同じ、小富士形石鹸―略して「泡富士」(269円。風呂ロック、ということで。このうち69円、日本赤十字に寄付しようと思います。)
→一緒にお渡しする携帯アドレスに写メ送っていただけましたら、当ブログにてあなたの石鹸箱にいる富士山をご紹介させていただきます、、、。
→手作りですのですべてが同じ形ではありません。自分だけの富士山をご入手いただければ幸いです。) ↓現在、制作進行中です。

DSCF2759_convert_20090425231056[1]


・ペンキ絵ポストカード

当日、会場に師匠の先輩ペンキ絵師、丸山清人氏もいらっしゃいます。


ちなみに、ここのペンキ絵は早川氏によるものです。
実は、販売の企画は早川氏が亡くなる前から準備をしていたものでした。先日の訃報にショックをうけつつ、あらためて、早川さんの絵を観ていただけたら、と思っています。先輩絵師2人ふくめ、追悼の意をこめて。

女湯のバス、必見です。イベントで開かれてますから、男子の貴方も、御覧になれます。
生で筆致をお確かめください。

↓ペンキ絵部分

DSCF2499_convert_20090425231152[1]






スポンサーサイト

COMMENTS

泡富士

この富士山型の石鹸、確かに富士山に形がそっくり。時々ブログに登場していて
「何なのだろう」「どこかに売っているのかな?」と思っていました。
そうでしたか、手作りだったんですね。

自分の、かなり年代物の石鹸箱にも入れられるいい機会だと思ったのですが
風呂ロックには、残念ながら行かれないんです。
いつか行かれるといいな、と思います。


今日、仕事帰りに荒川区東日暮里の「雲翠泉」という銭湯に行きました。
脱衣場の高窓は木枠と飾りガラス。漆黒の太い梁など時代を感じさせてくれて、
女将さんは「古いだけですよ!」と言うけれど、素朴さがとても落ちつきます。

こちらにも早川さんの絵があります。
平成20年8月8日 山梨と書かれていて、男湯は富士山と霧が立ち込める湖。
女湯は先の尖った山が…。女将さんに聞いたら、駒ケ岳だそうです。
湯船が変わっていて、楕円形で中央にデンとあります。お湯に浸かりながら
ゆったりとペンキ絵を眺めることが出来ます。
上がったらいつもの様に、縁台に腰掛けて坪庭を見ながらコーヒー牛乳です。
自分なりの、“ささやかな贅沢”のひとときです。
もし、また機会がございましたらお出かけください。

すみません、田中さんのブログで自分の日記を書いてしまいました。
失礼致しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして

銭湯について検索していたらこちらにたどり着きました。
両親が埼玉県蕨市で藤の湯という銭湯を経営しています。うちの銭湯にもいらしていただいたようで、解説を拝読したのですがレトロ銭湯ということでいろいろ詳しく書いていただいてとても嬉しく、また勉強にもなりました。恥ずかしながら、銭湯の娘として生まれ育っていても、銭湯について何も知らないもので…。
風呂ロック、とても素敵なイベントですね!石鹸も素敵。残念ながらその日は都合が悪く行けないのですが、機会があったらぜひ聴きに行ってみたいと思います。
突然失礼いたしました。
もっと銭湯のことを知りたいので、これからものぞかせて頂きますね。

>ツトム様
石鹸、地味に手づくりなんですよ、、。二つとして同じもの無し、です。

そして雲翠泉、名前もいいですね!早川さんの絵なんですね。行ってみたいです、、。
コメント、銭湯関連のことならぜひ、なんでも書いてください!脱衣所感覚の湯上がり感覚で☆

>帆次郎さま
お世話になっております。コメント、ありがとうございます!
ブログ、僭越ながらというかんじですが、気楽に見ていただけたらありがたいです。

また銭湯伺います!
そして、イベントはまたあるようなので、どこかでお会いできたら嬉しいです!!

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)