2015年9月13日(日)まで開催、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」で鑑賞頂ける≪今日の限界芸術百選展≫(こちらは9月27日・日曜日まで開催です)への出品作について_1

●作品出品展覧会
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015
2015年7月26日(日)~9月13日(日)、新潟県各所にて開催
HP:  http://www.echigo-tsumari.jp/about/triennale_2015/

●《今日の限界芸術百選展》   こちらは2015年9月27日(日)までご覧頂けます。
HP: http://www.echigo-tsumari.jp/calendar/event_20150726_0927_2
Facebook: http//www.facebook.com/genkaigeijutsu100?fref=nf

●Exhibition information
I exhibit my work
“Echigo-Tsumari Art Triennnale 2015”
At Matsudai“Nou-butai”
26/7/2015~13/9/2015
HP: http://www.echigo-tsumari.jp/eng/about/triennale_2015/
HP2: http://www.echigo-tsumari.jp/calendar/event_20150726_0927_2

(※日程に関して、《今日の限界芸術百選展》は越後妻有アートトリエンナーレ終了の9月13日以後も9月27日まで開催しているため8月28日に直しました。)

前にもお知らせをさせて頂いた、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」が始まりました。
「農舞台」での、福住廉氏による企画展《今日の限界芸術百選展》をご覧下さるかたのために、今回制作した作品について少し書かせて頂きます。
長くなるため、2つに分けて記事を書きます。

1つめの記事は、展覧会全体を田中の目で眺めた様子。
2つめの記事は、田中と駒村の作品 についての記事。
どうぞ、気長にお読み頂けましたら幸いです。


さて、まず、新潟県へ。

越後妻有2015_1


向かったのは東京から車で4時間、まつだい駅近くの「農舞台」。

越後妻有2015_2


《今日の限界芸術百選展》の出品作家の上野雄次氏(華道家)の迫力ある作品が迎えてくれます。

2階に上がると、入り口には「修悦体」で有名な佐藤修悦氏による看板。

越後妻有2015_3


参加作家は下記の通りです。


・参加者(50音順、敬称略)
小野島幸一、五十嵐鉄司、石澤松義、岩崎タクジ、上野雄次、小野田藍、小野田賢三、小山田知子、川口隆夫+和田翼、ガンジ&ガラメ、佐藤一善、佐藤貞夫、佐藤修悦、佐藤富義、 軸原一男+軸原ヨウスケ+軸原美智子、切腹ピストルズ、 高橋八十八、高橋芳平、竹中信子、田中みずき+駒村佳和、東条麗子、西尾純一、西尾美也、HAMArt!、松尾常巳+豚星なつみ、八木隆行、吉村大星、吉村芳生

展覧会場は、様々な作品であふれています。

越後妻有2015_4

越後妻有2015_5


絵画あり、生け花あり、インスタレーションあり、文章あり、漫画あり、テープで作った標識文字あり、本当の車の運転席を使ったゲームマシーンあり、そして、足場とペンキ絵あり。

カオスな空間になっていると、出品しながら思いました。

本展覧会のキュレーターである福住廉氏は、『今日の限界芸術論』(BankART1929 、2008年)という本の著者です。
この本の元にある概念は、7月24日に逝去が報じられた、鶴見俊輔氏による『限界芸術論』(勁草書房、1967年)であります。
『限界芸術論』では、芸術が3つに分けられます。
「純粋芸術」(専門家によって作られ、専門家に享受されるもの)、「大衆芸術」(専門家によって作られるが、大衆に楽しまれるもの)、「限界芸術」(非専門的芸術家によって作られ、非専門的享受者によって享受される芸術)です。
(以上の用語概念については、artscape現代美術用語辞典、福住廉《『限界芸術論』鶴見俊輔》から引用しています。アドレスは下記をご参照ください。
http://artscape.jp/artword/index.php/%E3%80%8E%E9%99%90%E7%95%8C%E8%8A%B8%E8%A1%93%E8%AB%96%E3%80%8F%E9%B6%B4%E8%A6%8B%E4%BF%8A%E8%BC%94 )

この「限界芸術」を、現在生み出している作り手を探したのが、本展覧会。

観ながら、くすりと笑ってしまったり、思わず自分も何か作りたくなったり、作り手の生活の時間を想像してしまったりする展覧会だと思います。
アカデミックな美術作品も面白いですが、本展覧会のような作品も楽しいはずです。

どこがアカデミックな作品と違うのか。
自分の思う「純粋芸術」と「限界芸術」は何か。
、、、なんて考えてみるのも、これからものを見ていくのが面白くなる視点になるのではないでしょうか。

出品全作を紹介しようかとも思ったのですが、個々の作品のスケール(大小を含め)感や内容等、ぜひ、現場でご覧頂きたいものばかりなので掲載を控えます。


この場をお借りし、展覧会場で作品を拝見して感銘を受けた軸原一男氏に追悼の意を。
楽しさにあふれた色彩と線で紙を埋めた作品、会場で見入りました。
そして、考えながら暮らす強さと確かさを言葉にし続けた鶴見俊輔氏に、心からの哀悼の意を。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)