太田黒湯温泉 第二日の出湯(東京都大田区)でのペンキ絵制作日記_2014年11月5日

●ペンキ絵制作銭湯
第二日の出湯 (Dai-Ni Hinode-yu)
〒 東京都大田区西蒲田6-5-17( 6-5-17 Nishi-Kamata, Ota-ku, Tokyo Prefecture,Japan)
JR「蒲田」駅から徒歩15分(JR Line:Nishi-Kamata Sta. / A 15min walk)

●銭湯営業日時:
15:00~24:30、水曜休(Wednesday is closed)
露天風呂 男湯: 毎月16日~末日、女湯: 毎月1日~15日

●HP: http://www.hinodeyu.net/



2014年10月2日から公開となった、第二日の出湯さんのAudiのR8のペンキ絵。
Audi JapanによるFacebookへの200,000回「いいね!」への感謝として制作したものでした。

プロジェクトについては、下記の記事からご参照ください。
http://mizu111.blog40.fc2.com/blog-entry-475.html
http://mizu111.blog40.fc2.com/blog-entry-487.html


反響の様子を見て、銭湯がお好きなかたはもちろん、今までに銭湯に行ったことがないかたにも興味を持って頂けたのでは、と思っています。

そんな絵も、1か月限定の公開期日が過ぎ、描き替えの日がやってきました。

ご主人にお会いすると、プロジェクト中に銭湯を訪れたをお客様の様子を嬉しそうにお話して下さいました。
こちらのご主人とお話していると、ニコニコと色んな銭湯の試みなどを話して下さるので、とても楽しく元気が出ます。
そう思っていたら、ご本を執筆されていたようです。
田村祐一著『〈銭湯の番台が心がけている〉常連さんが増える会話のコツ』(プレジデント社)。
アマゾンのページを下に引いておきます。
こちらからご覧ください。


ご主人のお話を聞いていると、絵を消すのが勿体ない気もちもしますが、限定だからこそ楽しめるワクワクとした気持ちや、撮影等で使われることも多いこちらの銭湯の活躍を予想し、制作開始です。

今回も、高い位置の絵。
足場は便利屋こまむらに依頼。
安心の制作現場でした。

絵は、前回とも前々回とも違う、オーソドックスなペンキ絵らしいペンキ絵を目指し、このような絵となりました。

IMG_0011.jpg

IMG_0010.jpg

個人的に、海ブームがきております。

黒湯の露天も楽しめる、素敵な銭湯。
ぜひ、皆様にお楽しみ頂けますように。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)