3.14 練馬区「北町浴場」さんでペンキ絵制作

先日、3.14に練馬区の北町浴場さん(練馬区北町2-28-13)でペンキ絵制作がありました。

DSCF2580_convert_20090321232852[1]




ここの女湯にあったのは、2年前、映画「東京タワー」のPRで描いた東京タワーのペンキ絵。
文字とか、実はかなりかわいいデティールでした、、、。

DSCF2517_convert_20090321233842[1]DSCF2531_convert_20090321233725[1]

が、描きかえです。
しかも、本日、某テレビ番組さんの撮影もありました。(後日お知らせします)

東京タワーが、塗り籠められていきます、、、。
DSCF2537_convert_20090321233609[1]DSCF2559_convert_20090321233500[1]

で、春の霞がかった空気の中で観られる富士山になりました。

緑がたくさん。
一口に緑と言っても、すこしづつ違います。
DSCF2575_convert_20090321233239[1]DSCF2576_convert_20090321233142[1]DSCF2577_convert_20090321233042[1]


全体像はぜひ、現場で確かめてください。

男湯の赤富士はそのままです。並べてみてみてください。









スポンサーサイト

COMMENTS

色々な緑色

この、“色々な緑色”なんとなく分かります。
実は銭湯に行くと、湯船に仁王立ちになりペンキ絵を至近距離で見たり
そっと触ったりしながら見ているんです。(怪しい…変な光景ですよね)
「この緑に白を混ぜると、この緑に。黄色を混ぜるとあっちの緑に」とか
「暗い緑を先に塗って、その上に明るい緑をトントンと…」と考えながら。
富士山の雪の部分が出来る過程を考えるのも、面白いです。

こちらの赤富士は以前紹介していましたね。男女共に新しくなったのですね。
だけど東京タワー、見ておきたかったです。
テレビの放送楽しみです。

醍醐味ですね

銭湯では眉間にしわを寄せながらペンキ絵を凝視してしまうわたしですが、仁王立ちには負けます。

一枚の絵から、制作時の時間を思ったり、色の豊かさやペンキの勢いを楽しむのは、実物を見てこそ楽しめる醍醐味ですね☆

ツトム様のまわりでは、豊かな時間が流れていそうです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)