第二寿湯(江戸川区)でのペンキ絵制作日記_2013年12月13日

●ペンキ絵制作銭湯
第二寿湯
〒江戸川区1-46-12
都営新宿線「瑞江」駅から徒歩7分

●銭湯営業時間
16:00~23:00
金曜休


昨日、銭湯にてペンキ絵を制作してきました。
商店街を抜けての銭湯、第二寿湯さんです。
20131213_1.jpg


ご依頼があったのは秋。
その際に言われたのは、「江戸川区の銭湯のキャラクター、『お湯の富士』を画中に入れて欲しい」とのご要望でした。

お湯の富士が、こちら。
20131213_4.jpg


かわいい&外国のかたにもアピールできる要素が盛り沢山です。
もっと観たいかたは、こちらの江戸川区浴場組合HPもご覧ください。
http://www.1010.or.jp/~edogawa/

なんと、お湯の富士はツイッターもしていらっしゃいまっすぅ~。
ご覧くださいっすぅ~。
(※お湯の富士風にしてみました)
https://twitter.com/oyunofuji


事前にご主人からお話を聞くうちに、印象深いエピソードが沢山でききました。
例えば、、、

第二寿湯さんのお客さんにお相撲さんがいたお話。

常連客の、美大に通っていた女の子に「お湯の富士」の絵柄を生み出してもらったこと。

暖簾などもオリジナルで制作していること。

江戸川区では今年「ぶらり湯らり スタンプラリー ~めざせ!! お湯の富士マイスター2013~」というスタンプラリーをしていて、、、

20131213_3.jpg

かわいいお湯の富士のグッズがもらえること。

20131213_2.jpg

こちらは、4軒達成でもらえる、ストラップです。
はっきり言って、むちゃくちゃかわいいです。


そして、江戸川区の銭湯を全軒制覇したかたの表彰式を第二寿湯さんで行っていて、その時の写真をご主人が大切に持っていること。

、、、などなど、色々と伺ううちに、頭の中で絵のイメージができてきました。

ラフを制作してご相談をさせていただくことにして、資料用にと頂いたシールをいつも使っているメモ用ノートに貼って1ヶ月。

20131213_8.jpg


「江戸川区と言えば、、、」
とリサーチし、画中に屋形船や金魚も入れてみることにしました。

先週、ラフをご主人に観て頂き、変更点などを調整。

20131213_5.jpg


当日を迎えました。

制作は、、、時間もかかり、本当に苦労しましたが、色々なかたに暖かく見守っていただき、制作をすることができました。
ずっと絵の描き方を勉強させて頂いた中島絵師のようにはまだまだかけませんが、いわゆるペンキ絵のイメージに「お湯の富士」が加わった、一味違った絵になったかと思います。

なお、本日12月13日の朝刊、東京新聞と産経新聞に、こちらのペンキ絵制作についての記事が掲載されました。

東京新聞がこちら↓
2013_6.jpg

産経新聞がこちら↓
20131213_6.jpg


両紙面とも、下記からも電子版でご覧いただけます。

●東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20131214/CK2013121402000106.html

●産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131214-00000539-san-soci

そんなわけで、できた絵がこちら。
ピンボケ、恐縮です。
現場でご覧ください。
20131213_9.jpg

20131213_10.jpg


また、某テレビの取材も入り、後日放送予定日を掲載させていただければと思います。

第二寿湯さんに来るお客さんが、お湯の富士と癒されますように。
今夜も、銭湯で素敵な時間が流れますように。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/12/15 09:04)

江戸川区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。