アクアリゾートふじの湯(岐阜県)でのペンキ絵制作日記_2013年11月21日

●ペンキ絵制作銭湯
アクアリゾート ふじの湯
〒岐阜県岐阜市正木1235
HP http://gifu-fujinoyu.jp/index.php

●営業時間
10:00~25:00

●入浴料
大人 550円
子供 250円
乳児(0~2歳) 無料


久々に観てきました、富士山。

!!!ぎふ1

数年前から、旅や出張の際にはなるべく寄り道して観るようにしている富士山。
今回は、岐阜県と東京との往復の高速道路で観てきました。
20日の深夜に、便利屋こまむらさんの車で出発して車中泊し、翌朝、神々しく目の前に表れた富士山。

!!!ぎふ2

綺麗ですねぇ。

富士山が世界遺産登録となったためなのか、色々な地域から呼ばれる機会が増えてきました。
今回、ご依頼をくださったのが、岐阜県のスーパー銭湯「アクアリゾート ふじの湯」さん。

!!!ぎふ4


「『ふじの湯』という名前なのだから、富士山が無いと!!、、、と思って。」とお話してくださったのは、気配り上手で美しい素敵な女性オーナーでした。

当初、絵をどこに設置するか迷っていたオーナー。
事前にメールやお電話にて壁の広さを教えて頂いたり現場の写真を送っていただき、ご提案頂いた様々な場所に絵を設置した場合の見積りを数パターン作り、選んでいただきました。

最終的に、男湯と女湯の境界の壁に、東京であらかじめ絵を描いたパネルを設置することに。
施設の壁は、タイル面の壁です。
タイルには通常「ペンキ絵」で使っている油性ペンキが定着しないのですが、こんな場合はパネルを使えば良いのです。現場の環境や時間の点から、手段の選択肢はいくらでもあります。


色んな職人さんがお仕事をしている中にお邪魔し、パネル設置、、、。
そんな中、現場で何やら周りをきょろきょろ観ている、便利屋こまむらさん。
鏡を設置していた職人さんの仕事っぷりから、技を学んでいました。
接着剤とドリルとのダブル使用にて、ペンキ絵パネルもがっちりと定着です。

!!!ぎふ6

!!!ぎふ5

!!!ぎふA

!!!ぎふ7


絵の中には、地元を愛するオーナーからの提案で、岐阜県らしく「冨有柿」と、「鵜飼」の様子も入れています。

!!!ぎふ9

!!!ぎふ8


柿、街中でも存在感を放っています。

!!!ぎふ3

また、鵜飼も、、、。

!!!ぎふC



岐阜県、柿も美味しいし、飛騨牛も美味しいですし、鵜飼などの伝統的なものもあるし、人もやさしいし、何とも素敵なところですね。
学生時代、卒業を祝して一人で青春18切符で養老天命反転地を訪れてからの久々の岐阜県でしたが、改めて良いところだなぁと実感しました。

なお、ふじの湯さんにペンキ絵が設置されたという記事が、23日の「岐阜新聞」に掲載されました。
岐阜県下の大型浴場施設だとペンキ絵ができたのは初とのこと。
ありがたいです。

富士山と岐阜らしい風景とが合わさって、お風呂に入る皆さんに楽しんでいただけたら、本当に嬉しいです。
岐阜県まで行かれた際はぜひ、入浴してご覧いただけましたら幸いです。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)