「ご近所のぜいたく空間“銭湯”in文京」展に行ってきました

昨日、ブログの記事にした、6月21日(金)~6月24日(月)に文京区シビックセンター1Fのギャラリーにて開催中の「ご近所のぜいたく空間“銭湯”in文京」展に行ってきました。

ものすごく、よかったので、展覧会情報追記として会場の様子を。



まず、中に入ると、絵葉書展。
12.jpg

色んな人が、文京区での思い出の風景を絵葉書に描いています。
こちら、非常に面白かったです。

展示されている絵葉書を見ているうちに、色んな人の生活や人生が見えてきたり、自分の記憶と重なっていったりして、噛めば噛むほど味が出てくる展示です。

80代のあばあちゃんが、哀愁漂う素朴なツッコミを自分の絵にしていて妙に面白かったり、小学生がひらがなで頑張って自分の思いをしたためていたり、、、。
毎日の暮らしが急に愛おしく思えてしまう展示でした。



そして、お待ちかねの、銭湯の展示。

1.jpg


のれんをくぐると、銭湯の洗い場のような空間が。
2.jpg


よく観ると、、、
3.jpg

なんと、文京区内の銭湯について、1冊ずつ作成されたビジュアルBOOKが。
凝っています。
中の写真も、とても素敵。
4.jpg


6月末に閉店する、おとめ湯についての展示はこちら。
7.jpg

大きな展開図(写真ではそうは見えませんが、、、現物をぜひ、ご覧ください!!)には、しっかりと装飾や小物などのデティールなども写真で入っていたり、、、
6.jpg

銭湯の「外から中に入ると別世界が広がっている」という空間が疑似体験できる展示の工夫があったり、、、
5.jpg


そのほか、昔の広告看板や、明治時代の銭湯の蛇口の図、そして明治時代の銭湯での事件簿集、文京区の銭湯のご主人や女将さんたちのポートレートなどがあり、盛りだくさんの内容です。
8.jpg

9.jpg

10.jpg


歴史的な資料もわかりやすく展示され、銭湯ファンはもちろん、銭湯ビギナーでも「なんだか銭湯って面白い空間だなぁ」と楽しめそうです。
じっくりと、細かいところまでフォローされている展示で、本当に飽きないですね。

この展示が24日までというのは勿体ない、、、というわけで、寝る間を惜しんで急いでブログにUPさせていただきました。
週末、ぷらりと寄って、じっくり観たら、思わず銭湯に行きたくなるはずです。




、、そんなわけで、これから準備をして、田中は旅に出ます。
眠いです。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/22 08:47)

文京区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。