稲荷湯(千代田区)でのペンキ絵制作2_2013年5月26日

●ペンキ絵制作銭湯
稲荷湯
〒 千代田区内神田1-7-3
「大手町」駅から徒歩3分、「神田」駅から徒歩7分

●銭湯営業日時
14:50~24:00(祝日は22:30まで)、日曜休


別業の仕事にて、昨夜の予告「明日」を少し過ぎてしまいましたが、、、

前回に続き、稲荷湯さんでのペンキ絵制作についてのお話です。
今回は、「ペンキ絵広告プロジェクト」で、稲荷湯さんのペンキ絵制作のために広告を出して下さった皆様のご紹介。

例年ですと、ネット上でも広告主を募集をしていたのですが、今年は、本当に銭湯を利用して下さっているかたの御縁を考えたいと思い、稲荷湯さんに募集チラシを置くのみで広告を募りました。


結果、広告を出して下さったのは、、、
(ここからは、もはや、神田西口の美味しいもの紹介と思って頂けましたら幸いです。)

まず、数年前、神田西口商店街のお店を一軒ずつ回って広告を募った、飛び込み営業から始まったお付き合いの2軒。「玄気」さんと、「オレたちの台所 どったんば」さんです。

「玄気」さんの今年の広告は、こちら。

稲荷湯7
↑女湯用広告です。

男湯と女湯に広告を出して下さり、男湯には別バージョンが掲示されています。
こちらのお店、個人的に、誰かを連れていくとしたら、面白いものがお好きで、美味しいものをしっかり味わうのが好きで、本当に仲の良い(あるいは仲が良くなりたい)、大人の時間の楽しみかたを知っているような人とじっくり味わいたいお店です。

店内はこんな感じ。
玄気1

玄気2

店主の好みで、和の物がお洒落にまとまっている店内。
でも、気取っている感じではなくて、本当に居心地が良いのです。
なんて絶妙なバランスなんだろうと、いつも思います。

先日、出来上がったペンキ絵を視察するため稲荷湯に行ったのですが、その際に寄ったところ、こんなものを味見のサービスで出してくださいました。

玄気3

何だか、わかるでしょうか。




答えは、、、



まだ大人になる前の、トウモロコシなのです。
初めて観て、まじまじと見つめていると、ご店主が
「そのまま、全部、食べられるよ」
と一言。
試してみると、甘みがぎゅうっとして、瑞々しい触感で、シャクシャクッと気持ちの良い音がして、本当に美味しいものでした。
とにかく美味しい野菜と肉へのこだわり、ぜひ、お店で、実感してみて下さい。
2階には個室もある上に、お願いすると、お店で飼われているカメに会わせてくれます。



そして、お勧めのもう一軒、「オレたちの台所 どったんば」さん。

稲荷湯A

「オレたちの台所 どったんば」さんも、男湯と女湯に広告を出して下さいました。
こちらは、男湯バージョンの広告。女湯には別バージョンがあります。
「当店(稲荷湯)から徒歩5分!」との宣伝文ですが、実際は2,3分です。

こちらのお店は、カジュアルで、気軽に寄れる呑み屋さん。
20歳を迎えたばかりの若者たちも、お仕事でお疲れのお父さんも、「連れもいるし、和気藹々と呑みたいな」なんていう時にサクッと寄れるお店です。

そして、、、呑み屋さんといえども、実は、昼にはランチもあります!!
日替わり定食のほか、海鮮ちらしや、がっつりと食べたい時にお勧めの「メガどんぶり」も。
どれも、800円~900円。しかし、大満足の内容です。

なるほど混みます。そんな人気店ですが、店員さんも手際よく、回転も良い!!
気持ちよく過ごせるお店です。
お店のサイトは、こちら!!↓
http://www.dottanba.com/

銭湯帰りに一杯、お勧めです。



そして、昨年から、稲荷湯へ広告を問い合わせて下さってからの御縁の奇特なお店、「武蔵野アブラ学会」さん。
稲荷湯C

こちらは、男湯のみに掲示されております。

昨年、初めに店名だけ伺った際には、
「、、、油屋さんなのだろうか??」
と思っていたのですが、実際には、つけ麺屋さんです。
お昼時には、列が店外まで、、、。
圧倒的に男性が多いですが、女性の姿もあります。

店内には、カウンターとテーブル席があります。
実際に食べてみると、「アブラ」と銘打っているけれど、コテコテとくどい感じではなく、なのに、しっかりと満腹感を満たしてくれるという欲張りな麺でした。
仕事の打ち合わせでお会いした男性と食していたら、相当、幸せそうな食後のお顔になっていらっしゃいまして、お店に並ぶ列の理由がわかりました。
気軽にサクッと、満腹感の幸福に浸れるお店、、、働く者の、パラダイスです。



、、、というわけで、飛び込み営業時期に実際に自分の足を使ってわかったお店の雰囲気と、この3店と他の店舗での実食の経験から、ハッキリ申し上げますと、、、、



「玄気」「オレたちの台所 どったんば」「武蔵野アブラ学会」の3軒、ハズレ無しです。




もちろん、他にも美味しいお店もあるのですが、私はこの3軒はプライベートで寄っております。
実は、私は神田西口の飲食店についてはネットを使って調べません。観て歩いて味わった経験が一番だと思っているからです。
こちらのお店なら、自信を持ってお勧めできます。
お連れ人数や、どういった集まりかに合わせて、神田駅西口にいらしたら、寄ってみて下さい。


そして、飲食店以外の広告のご紹介を。

いつも、田中が一人でペンキ絵制作をする際に手伝ってもらっている、便利屋こまむらさん。

稲荷湯9


「ちょっと助けが必要だけれど、便利屋さんて、どんな人がくるのか不安、、、」
なんていうかたがいたら、ぜひ、Twitterを通じて、あるいはお電話で、一度相談してみて下さい。
やさしい雰囲気で、しっかりと希望を聞いて下さり、SEだった過去や足場職人だった過去からの経験をいかして要望にこたえてくれる便利屋さんです。
Twitterは、こちら↓

https://twitter.com/benriya777

こちらのTwitterは、よ~く読み返した後にしばらく熟考すると駄洒落になっていることにやっと気付くつぶやきなどがあり、もはや「笑い」という言葉の定義を超える斬新さがあります。それ以外にも、本当に役立つお役立ち情報や、読み続けていると、よく出てくる登場人物がいたりして、なにやら謎の「便利屋さん」業のドラマが垣間見えて面白いです。


そして、最後は、、、、
私たち、銭湯振興舎の広告です。

稲荷湯8

銭湯振興舎HPは、こちらです!!↓

http://sentoushinkousya.web.fc2.com/

広告、来年もお待ちしております。


、、、というわけで、以上、稲荷湯さんに広告を出して下さったお店、そして稲荷湯さんに行ったら寄りたいお店のご紹介でした。

これから暑くなったら、一風呂浴びて一杯、なんて幸せですよね。
神田西口にて、ぜひ、ご堪能ください。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)