朝日新聞11月17日(土)夕刊と、松原湯でのペンキ絵制作_2012年10月26日

●ペンキ絵制作銭湯
松原湯
〒 世田谷区松原2-31-12
京王線「明大前駅」から徒歩5分

●銭湯営業日時
15:45~23:00、金曜休

昨日の11月17日(土)の朝日新聞夕刊に、中島師匠の記事が掲載されました。
ま6

そんなわけで、この取材が行われた、松原湯さんでの制作日記を。

いわずと知れた、清潔かつ、毎年ペンキ絵を描替えている松原湯さん。
明大前の、線路沿いに有ります。
周りにも飲食店があり、帰りの寄り道も楽しそうな立地。
ま1

前回の絵は、真ん中に立派な富士山、でした。
ま3

ま2

師匠、毎年の作成なので、何をかこうかと考えつつ、一服。
休憩時間には、ご主人との歓談。
ご主人が昔のペンキ絵の写真を持ってきてくださったりして、歴史を感じた時間でした。

そんなこんなで、完成したのは、、、
ま4

富山県の立山連峰。
ぐーっと長い壁面に映える風景です。

ま5

私も、片隅の島と松をかかせていただきました。

そんなこんなで、全面図は、ぜひ、現場で。
清潔で気持ちの良い銭湯でのお湯の時間、ペンキ絵を楽しんでいただけましたら幸いです。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

初めまして、僕は九州産業大学国際文化学部地域文化学科既卒で現在、履修生をしている守山征樹(ゆうき)です。これから、どうぞ、よろしくお願いします。ところで、今は4年前から続く不景気・高度経済成長期の重化学工業の過剰な発達の影響などで銭湯絵師・三助などの銭湯関係の職人さん、田舎町・里山の農林水産業の従事者(農民・林業夫・漁師)、刀鍛冶職人、しめ縄職人、船頭、鍛冶屋、門松職人、木工職人、下駄職人、伝統工芸士、草履職人、草鞋職人、反物屋、藍染め職人、筆職人、染物屋など日本古来からある伝統的な仕事が潰されて、職のない若者が多いから、貴重な職業資源を継承するために上記で述べた仕事に従事する若者、中島さん・丸山さんの後を継いでくれる若い銭湯絵師は必要だと思いました。

Re: No title

コメントありがとうございます。
世の中には色々な背景を担った様々な仕事があり、現在の経済界の流れとは複雑に関係していて研究も大変かとお察しいたしますが、頑張ってください。

> 初めまして、僕は九州産業大学国際文化学部地域文化学科既卒で現在、履修生をしている守山征樹(ゆうき)です。これから、どうぞ、よろしくお願いします。ところで、今は4年前から続く不景気・高度経済成長期の重化学工業の過剰な発達の影響などで銭湯絵師・三助などの銭湯関係の職人さん、田舎町・里山の農林水産業の従事者(農民・林業夫・漁師)、刀鍛冶職人、しめ縄職人、船頭、鍛冶屋、門松職人、木工職人、下駄職人、伝統工芸士、草履職人、草鞋職人、反物屋、藍染め職人、筆職人、染物屋など日本古来からある伝統的な仕事が潰されて、職のない若者が多いから、貴重な職業資源を継承するために上記で述べた仕事に従事する若者、中島さん・丸山さんの後を継いでくれる若い銭湯絵師は必要だと思いました。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)