鶴の湯(渋谷区)でのペンキ絵制作日記_2011年8月28日

●ペンキ絵制作銭湯
鶴の湯
〒 渋谷区千駄ヶ谷1-51-1
JR中央線「千駄ヶ谷駅」から徒歩6分

●銭湯営業日時
15:30~23:30、月曜休

今回は、営業日の制作です。
つまり、営業前に制作終了していなければいけないという状況。

国立能楽堂のそばの、美しい銭湯にて作業開始です。
!!!代々木7

!!!代々木5

お庭も。
!!!代々木2


前の絵は、このような絵でした。
!!!代々木6
!!!代々木4

マッハで作業をするなか、見学にきてくださったUさんがお昼をつくってきてくださったり。
ありがたいです。大きなおむすびが美味しくて、癒されました。

そんなこんなで、14:30には片付け作業も完了。
!!!代々木1
!!!代々木3

石川県、能登の珠洲市の見附島です。

お能の帰りに銭湯、なんていうのも素敵かも。ぜひぜひ、お楽しみください。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title


昨日は銭湯ナイトお疲れさまでした。
帰りにお声をかけようかと思ったものの、
作業の邪魔になってしまってはと掛けそびれ残念しきり。

さて千駄ヶ谷の鶴の湯。
自分が訪れた平成16年は、男女の障壁のタイル画は「灯台と海」で、
男湯の絵は「田園風景と富士」でしたね。
湯の温度が適温で、磨き上げられた脱衣室の床板と
容量の大きいロッカーが好印象の銭湯でした。

Re: No title

スミス様

ご返事が遅くなり、すみません!
銭湯ナイト、声、かけて下さい!!
沢山の方がいらしていて、焦っておりました、、、。

鶴の湯さん、ピカピカですよね。
能楽堂の近くというロケーションも素敵な銭湯です。
近くに住んでいるかたが羨ましくなる銭湯ですね。

> 昨日は銭湯ナイトお疲れさまでした。
> 帰りにお声をかけようかと思ったものの、
> 作業の邪魔になってしまってはと掛けそびれ残念しきり。
>
> さて千駄ヶ谷の鶴の湯。
> 自分が訪れた平成16年は、男女の障壁のタイル画は「灯台と海」で、
> 男湯の絵は「田園風景と富士」でしたね。
> 湯の温度が適温で、磨き上げられた脱衣室の床板と
> 容量の大きいロッカーが好印象の銭湯でした。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)