「ギャラリー代々木通信」03号巻頭に、文章書きました

急に寒くなってきて、秋をかんじる今日この頃。
銭湯で体を温めつつ、芸術の秋を堪能するのはいかがでしょう??



というわけで、代々木にある「ギャラリー代々木」さんが出しているフリーペーパー「ギャラリー代々木通信03」(御代0円)の巻頭に、銭湯のペンキ絵についての文章を書かせて頂きました。
「銭湯のペンキ絵考 脱・額縁の絵画」という題です。

DSCF2272_convert_20080928205710[1]




ペンキ絵の制作現場にいて思うことなど、書かせて頂きました。
ちなみに、他に書いているかたがたの文章も超面白いです。



皆さん、美術史の研究家さんたちであります。



宮田徹也氏は「美術とは何か」と題してイラストと美術の受容のされ方を考察し(ペンキ絵の受容についても通じるかと思えます)、、、
ジャスティン・ジェスティ-氏は「頂上の陰謀」と題して、アメリカのドル札に富士が描かれているという驚きの内容からアーティスト中村宏氏の富士を描いた絵画について語り、、、
小金沢智氏は、山梨県立美術館で夏に開かれた「富士山展」によせて日本で富士が描かれるということの意味を考察し、、、
ギャラリーオーナーの佐藤春夫氏はギャラリーで個展を開いた方についての文章を描いてらっしゃいます。
不思議なことに富士三昧であります。


部数に限りがありますので、ギャラリー代々木さんにて、早めに手に入れてみてください。
ギャラリー代々木は、東京都渋谷区千駄ヶ谷4-30-1。

DSCF2274_convert_20080928210002[1]


これから1ヶ月の展覧会としては、
9/29-10/4 山口葉子(水彩)
10/6-11 常設展
10/13-18 河野佳代子(油彩)
10/20-25 西谷琢磨(アクリル)
10/27-11/1 清須史門(ペン・アクリル)
などなど。どうぞ、鑑賞といっしょに、「代々木通信」をご入手ください☆ 


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)