msnの記事に「銭湯の魅力を再発見」

諸々、広報関連のお話をお伝えしてまいりましたが、今日の最後に一つ。

msnの記事に、知人のライター、コエヌマ氏が銭湯ビギナーに向けた記事を書いていらっしゃるお知らせまで。

http://bit.ly/hNf8Tc
に掲載中です。

記事のタイトルは、「Facebookに負けない! 日本が誇る社交場! 銭湯の魅力を再発見」。

銭湯=リアルFacebookという視点、すごいですね。銭湯は確かに、異世代・異業種交流の場です!!

記事では、手ぶらでも用具は銭湯にて小さいものを安く手に入れられる点や、銭湯を楽しむツボ、おさえておきたいマナーなどが紹介されています。わかりやすくコンパクトにまとめられている文章で、読みやすいです。
「まだ銭湯に行ったことがない」
なんていうお知り合いのかたに是非、おススメください!

日本の銭湯が世界に広まりますように☆

スポンサーサイト

COMMENTS

こんにちィわー

銭湯に何かと関係の深い富山県在住です。(ケロリン桶とか・・・富山出身の銭湯経営者が少なくないとか。)東京出張の際、北アルプス画、大変気になったのですが、ものぐさからいけませんでした。(いや正直に言うと行かなかったか!)次回行ってみたいと思います。まあ、天気のいい日、山は見えているのですが・・。そう考えると浮世の日常生活も大きなペンキ絵銭湯に入っているようなものかな・・・・。
ブログ拝見するのを楽しみにしています。子供のころはリアル銭湯世代、自分の原点と感じているどりんくほるだーでした。

Re: こんにちィわー

はじめまして。メッセージありがとうございます!
ぜひぜひ、今度東京にいらっしゃる際には銭湯お楽しみください☆
富山、私も親戚がいて身近に感じております!!

> 銭湯に何かと関係の深い富山県在住です。(ケロリン桶とか・・・富山出身の銭湯経営者が少なくないとか。)東京出張の際、北アルプス画、大変気になったのですが、ものぐさからいけませんでした。(いや正直に言うと行かなかったか!)次回行ってみたいと思います。まあ、天気のいい日、山は見えているのですが・・。そう考えると浮世の日常生活も大きなペンキ絵銭湯に入っているようなものかな・・・・。
> ブログ拝見するのを楽しみにしています。子供のころはリアル銭湯世代、自分の原点と感じているどりんくほるだーでした。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)