12月3日(金)、福住廉連続企画「21世紀の限界芸術論」vol.6「限界祭!」(茅場町・ギャラリーマキ)でのトークイベント出演告知

イベント告知です。
私、12月に茅場町のギャラリーマキにて開催される「21世紀の限界芸術論」Vol.6「限界祭!」(福住廉氏主催)のトークイベントに出させていただきます。

12月3日(金)の夜です。
鶴見俊輔氏の『限界芸術論』や、福住氏の活動、そして不肖の見習いから見たペンキ絵に興味のあるかたにお越しいただけましたら幸いです。20席位の空間だそうで。

お時間ありましたら、金曜の夜のひと時、足を運んでいただけましたら幸いです。


*****

福住廉連続企画「21世紀の限界芸術論」vol.6「限界祭!」

◆連続トーク
第一夜「銭湯ペンキ絵師という限界芸術」
ゲスト・田中みずき(銭湯ペンキ絵師見習い)
2010年12月3日(金)19~21時

第二夜「限界芸術としての美術・散歩・文章」
ゲスト・菅原義之(ウェブサイトPEELER「美術散歩」担当)
2010年12月4日(土)17~19時

第三夜「限界に向う身ぶり――鶴見俊輔の思想と限界芸術論」
ゲスト・上野俊哉(批評家)
2010年12月10日(金)19~21時

第四夜「風とゆきゝし雲からエネルギーをとれ――宮沢賢治と谷川雁」
ゲスト・根本千絵(ものがたり文化の会テューター)
2010年12月17日(金)17~19時

会場はいずれもギャラリーマキ。
http://www.gallery-maki.com/

定員は、各回20名、
参加費は各回500円になります。

以下、ゲストの方々のプロフィールです。

◎たなか・みずき。大学の卒業論文で銭湯のペンキ絵を扱った縁から、日本に二人しかいないペンキ絵師のうちの一人、中島盛夫http://www.morionakajima.com/の下に弟子入り。出版社にて編
集職に携わりつつペンキ絵師見習いを続けていたが、出版社は昨年退社し、現在はネットでの現代美術情報サイト「カロンズネット」http://www.kalons.net/index.php?lang=jaのライターを兼ねながらペンキ絵修行中。

◎すがわら・よしゆき。1934年生まれ、中央大学法学部卒業。生命保険会社勤務、退職直前の2000年4月から埼玉県立近代美術館にてボランティア活動としてサポーター(MOMASコレクションのガイド)を行う。現在、ウェブサイト「PEELER」でコラム「美術散歩」www.peeler.jp/column/index.htmlを担当しているが、このなかで鶴見俊輔の限界芸術論とChim↑Pomによる「ピカッ」についてのエッセイを発表。http://www.peeler.jp/column/sugawara/1009.html



◎うえの・としや、a.k.a.Toshiya the tribal。一九六二年生まれ。和光大学表現学部教授
。マッギル大学客員教授。著書に『アーバン・トライバル・スタディーズ』(月曜社)、『思想家の自伝を読む』(平凡社新書)など。訳書にポール・D・ミラー、『リズム・サイエンス』(青土社)などがある。近刊に『群島に学び逸れる』(岩波書店)。テクノ・パーティのシーンでも活動中。

◎ねもと・ちえ。1956年生まれ。大学在学中に谷川雁より声をかけられ東京イングリッシュセンター制作室に入社。内紛により谷川らと共に退社。十代の会、ものがたり文化の会立ち上げより参加。以来30年子どもたちと宮沢賢治の世界で遊ぶ。1992年よりねもとパーティ主宰。2007年よりブログ「かんからかんのかあん」http://kankarakan.jugem.jp/を発信している。


◆「続・衝動の落語」
日時 2010年12月18日(土)14~18時
場所 佃島説教所(東京都中央区月島1-2-9 月島駅7番出口すぐ)
木戸銭 千円
定員 80名
出演 鶴屋一門

イベント掲載HP
http://www.gallery-maki.com/2010/11/21/ren-v6_genkwai-fes/
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)