鷹の湯(江戸川区)でのペンキ絵制作日記_2010年11月8日

●ペンキ絵制作銭湯
鷹の湯
〒 江戸川区南小岩7-40-28

●営業日時
15:30~25:00、月曜休

!!!鷹の湯7
江戸川区、唐破風、木造で味のある趣の鷹の湯さん。

!!!鷹の湯8!!!鷹の湯6

しかし、前に描かれていた絵(女湯)は超ポップ。

!!!鷹の湯1
!!!鷹の湯2
by早川絵師。
昔は、お客さんの中にお子さん連れのお母さんなども多かったので、こういったモチーフもかかれたようです。
鳥なのに飛ぶ乗り物に乗ってしまううあたり、もはやパンクです。

男湯はこんな絵でした。
!!!鷹の湯3
!!!鷹の湯4
!!!鷹の湯5
これも珍しい、、、。物語の一場面のような絵ですね。

しかし、描き替えです。
毎回おなじみのように、地の部分から浮いたペンキを削り取り、表面を綺麗にし、制作開始。

今回の師匠、何か早川絵師のパンク精神に影響を受けたのか、、、

!!!鷹の湯9!!!鷹の湯10

富士山を、日本画風の白いものにしていました!!
今までで初めてだそうで、、。


ペンキ絵40年の画歴で、富士山を描き続けて、それでもまだやったことのない表現がある、、、
というのは、すごいことです。

師匠のチャレンジ精神に何だか心打たれた一日でした。

ちなみに、もう一方は、おなじみの石川県・見附島。
「今年は結構描いたねー、見附島」
なんて師匠がつぶやきながら、黙黙と終えた一日でした。

珍しい白い富士山、ぜひ、お楽しみください!!!
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)