大久保湯(台東区)でのペンキ絵制作日記_2010年9月10日

●制作場所
大久保湯
〒 台東区松が谷3-13-10
日比谷線「入谷駅」から徒歩10分

●営業日時
14:10~24:30、第2、4金曜休

!!!大久保湯1

まだまだ暑い夏、9月。
向かったのは、都内大久保湯さん。いつもの立ち食い蕎麦屋さんで師匠とご飯を食べて到着です。

で、特にはじめに語ることでもないのですが、傘たての鍵。
!!!大久保湯4!!!大久保湯5
なんの形なのか、、、可愛いですよね。好きです。プレートの傘も好きです。


そんなことで嬉しくなりつつ、内心で激しく雨乞いをし、作業です。
!!!大久保湯3!!!大久保湯2

前の絵は、早川絵師のもの。
今回も、富士山を描くことになりました。

途中で起きたミラクル。(いつも来てくださる見学者の紳士A氏撮影)
!!!大久保湯6
師匠の富士と、昨年亡くなった早川絵師の絵とがコラボ状態に。
ほんの数時間だけだけど、そこに見えた景色でした。


何かが残るということは、不思議なことです。






で、描きすすめていきます。
!!!大久保湯7
できた絵、、、わかりますでしょうか、、、
右側に注目!!

!!!大久保湯9

松島です。銭湯のご主人からの依頼で描いていたのですが、、、珍しいですよね。
小さな島々も一つ一つ描きわけています。
島を視線で追っていくと、画面をぽんぽんと飛び回るようで楽しいですよ。
ぜひぜひ、現場で楽しんでいただけましたら幸いです。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)