大黒湯(目黒区)でのペンキ絵制作日記_2010年8月2日


●ペンキ絵制作場所
大黒湯
〒 目黒区上目黒4-25-10
東急東横線「祐天寺」駅から徒歩7分

●営業日時
15:00~24:30、月曜休

DSCF5518_convert_20100815170047[1]


こまめに描き替えをしている銭湯=掃除も綺麗にしてある気持ちの良い銭湯、の法則がなりたつ、大黒湯さん。
ここ、かつて通っていた会社に近くて、昔、よく寄っていたものです。
改修とかもしながら、良い昔のものはしっかり残すセンスが素敵であります!!
DSCF5514_convert_20100815165722[1]DSCF5515_convert_20100815165804[1]

DSCF5516_convert_20100815165854[1]DSCF5517_convert_20100815165958[1]



師匠は浴室に入ってすぐ、
「みずき君、床がぬれているから気をつけて、、、」
と注意をしつつ、数秒、床を凝視。

「、、、じゃない!!床のタイルまで奇麗に磨いてあるから光ってるのかぁー。」

むしろ水のしずくが残らないくらいに奇麗にしてあったんです。
周りも、少しずつ小まめに改築していて、清潔感漂う空間です。
ここ、家の近所だったら確実に通ってます。ちなみ、かつて通っていた時も、常にお客さんがいらっしゃいました。

さて、この空間にて、作業開始。
脱衣所の壁を取っ払える構造にしてあるので、作業も楽です。
前の絵はこんな感じでした。
DSCF5513_convert_20100815165630[1]


今回は、見学者も多数。
銭湯研究家(?)の町田忍さんも登場。バスを描いていかれました。(現場でご覧ください。)
今回の休憩、師匠が用意したおやつは、メロン。
おいしくいただきましたー。
DSCF5521_convert_20100815170146[1]


今回の絵柄は、夏富士(頂上の雲の部分が溶けている状態です。)。
めずらしいです。
DSCF5523_convert_20100815170317[1]

さわやかな夏のふじさん、綺麗で気持ちの良い大黒湯さんでお楽しみいただけましたら、こちらも嬉しいです。
スポンサーサイト

COMMENTS

申し訳ありません

まぁやぁ様

申し訳ありません、こちらの管理ミスで、頂いたコメントを消してしまいました。
せっかく頂いた言葉、本当にごめんなさい!!

内容が非常に気になっております。

今後、こんなことが無いように気をつけます。
本当にすみません!!

大黒湯コメント・内容はこうでした。

祐天寺から路地裏を歩いていく銭湯、大黒湯。
こちらの記事で大黒湯が描きかえになったと聞いてさっそく入って来ましたよ。
夏の富士は初めて拝見しました。

新しい絵になるのってなんだかわくわくします。
子供のころに通ってた銭湯で、たまに絵が描き替えられたのを見るのがとっても楽しみでした。
一日でまったく違う絵になってしまうのを、子供心にマジックを見るような驚きと感動で見ていました。
そしてその日からまた、次に描きかえられる日をわくわくして待つのでした(笑)

Re: 大黒湯コメント・内容はこうでした。

まぁやぁ様

再投稿、ありがとうございます!!
夏の富士山、楽しんでいただけましたでしょうか。個人的には、猛暑の今年、夏らしさを楽しむのも有りだなあと気付かされた絵でした。

絵の描き換え、「どこでもドア」感覚で面白いですよね。
また、数年後の描き変えをお待ちください(笑)


> 祐天寺から路地裏を歩いていく銭湯、大黒湯。
> こちらの記事で大黒湯が描きかえになったと聞いてさっそく入って来ましたよ。
> 夏の富士は初めて拝見しました。
>
> 新しい絵になるのってなんだかわくわくします。
> 子供のころに通ってた銭湯で、たまに絵が描き替えられたのを見るのがとっても楽しみでした。
> 一日でまったく違う絵になってしまうのを、子供心にマジックを見るような驚きと感動で見ていました。
> そしてその日からまた、次に描きかえられる日をわくわくして待つのでした(笑)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)