玉の湯(荒川区)でのペンキ絵制作日記_2010年7月26日

●ペンキ絵制作場所
「玉の湯」
〒 東京都荒川区東日暮里6-40-20
JR常磐線「三河島」駅から徒歩5分

●営業日時
15:00~23:30
月曜休


暑くてうだるような夏ですね。
そんな中、26日に玉の湯さんに向かいました。

昔ながらの風情の、素敵な銭湯さんです。
DSCF5461_convert_20100728184959[1]

小物たちも可愛いです。
DSCF5462_convert_20100728185323[1]
 DSCF5463_convert_20100728185430[1]



さて、絵の制作の前に、前の絵の確認です。
DSCF5464_convert_20100728185604[1]
師匠、腰に手。

ちなみに絵は、早川絵師のものでした。
DSCF5467_convert_20100728185740[1]

絵の地は、よく見られるトタンではなく、キャンバス。
傷めないように汚れを落とし、木の板で穴の大きな部分を補修し、その後、空を塗っていきます。

その間、現場にはタイル職人さんが登場。一部補修に来られたようで、、、
「ペンキ絵描く現場を見られるのは初めてだよー。」
と、にこやかに見守ってくださいました。

そんなこんなの中、某N大の学生さんが映像を撮りにきたり、銭湯好きの女性が写真を撮りにきたり、、、にぎやかな現場です。

ご主人と奥さんも優しいかたがたで、「今回は赤富士を」とオーダーいただきました。

途中、師匠のパレットを持って支えたり(最近多い仕事です。はっきり言って重いです。)、いつものように小さな松を描いたり、女湯の雲を描いたり、としていたら、師匠から
「疲れたなー。」
のひとこと。どさくさにまぎれて、師匠休憩の間に、女湯の山のところの光やら、草のところの光などを入れていきます。最後に様々なアドバイスを受けながらも、少しつかめたものがありました。

先は長いなあ。

できた絵はこんな感じで、、、
DSCF5479_convert_20100728190059[1]DSCF5477_convert_20100728190005[1]


実はいつも、できた絵の前で、勝手に芸能人さんを配して、妄想写真撮影(ブロマイド?)を脳内で繰り広げているのですが、、、
この日のペンキ絵(男湯赤富士)は、ケイン・コスギさんだなあと思ったりしていました。
最近、師匠のなかでは、この横長の滝がマイブームのようです、、、。

で。
いつもきてくださる紳士たちに助けられ、先日、右腕真ん中にできたペンキ溶剤焼けの後もヒリヒリしつつ、最後に近くの斉藤湯さん(銭湯のお客の体を洗ったりマッサージしてくださる「三助」と言うお仕事をしている、現存唯一のかたがいらっしゃる銭湯)でお湯を浴びた終日でした。
師匠たちは三助さんの橘さんに体を洗っていただいたようで、

「気持ちよかったよー。みずき君もやってもらったらよかったのにー。」(もちろん三助さんは女性にもお仕事をしてくださいます。)
とのことでしたが、、、

浮気にはならないのか、、、?
との気の迷いが頭をかすめ、今回は遠慮したものの
いつか、やって頂きたいなあと思ったのでしたー。


スポンサーサイト

COMMENTS

No title

ゲルマニュームが有り難い玉ノ湯さんは私の家の近所なのです。
ココには洗い場で横になり熟睡してしまう酔っぱらいの有名なオヂサンが良く来ます。
危なっかしいたらありゃしない!

ヒデ様

玉の湯さん、お近くでしたか!
名物お客さん、パンク精神満喫ですね?(笑)
安全に入浴するため、飲酒は避けることをお勧めしたいですねー。

でも、少しお会いしてみたい気もします。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)