根岸浴泉(川口市)でのペンキ絵制作日記_2010年6月21日

●ペンキ絵制作場所
根岸浴泉
埼玉県川口市安行領根岸356

●営業日時
16:00~23:00
第2,3,4月曜休

21日は、埼玉の川口市へ。
途中、材料の買い入れや渋滞に巻き込まれ、現場に8:50頃着という遅いスタートでした。

DSCF5214_convert_20100622232756[1]

現場は、中がレトロで可愛い銭湯。
DSCF5213_convert_20100622232642[1]

DSCF5212_convert_20100622232555[1]


脱衣所には水槽や金魚蜂が沢山並び、癒されます。
DSCF5222_convert_20100622233344[1]

傘入れの鍵とか体重計とかも、可愛い。
DSCF5217_convert_20100622233144[1]DSCF5218_convert_20100622233246[1]

DSCF5223_convert_20100622233443[1]


前の絵は、4年前の作品でした。
DSCF5207_convert_20100622232303[1]DSCF5206_convert_20100622232151[1]


少々コンディションが良くないので、浮いたペンキを削るところから始めます。
加えて、今回は諸事情により、外でペンキ調合。
DSCF5215_convert_20100622232851[1]

DSCF5216_convert_20100622232944[1]


かなりのレアケースですが、こんなこともあるのだと5年目にして知りました。

足場は、いつも組む浴槽の上だけでなく、何故か浴室中央に設置されたサウナ状になるであろう覆い小部屋の上にも設置。
絵師にとっては、ここも乗れる作業空間なのです。
DSCF5209_convert_20100622232415[1]


で、田中はその後、空を塗り、雲を描き、小さな松を描き、、、といつもどおりに進行です。
その間、師匠は富士を描き、ふもとの山やまを描き、水辺を描き、、、
一瞬で仕事をしていきます。

そんな中、お昼のメインは師匠手作りの、筍入りお煮物。
DSCF5224_convert_20100622233554[1]
何気に弁当男子な師匠。
美味です!!

もくもくと作業中、サポートしてくださる紳士S氏が登場、感謝です。
おだやかな一日、18:00位には終了し、ご主人たちにご挨拶をして撤収。
DSCF5229_convert_20100622233658[1]DSCF5232_convert_20100622233755[1]


女湯には、富士山×石川県見附島。
銭湯マニアのかたには既におなじみでしょうか?
一般的には不思議な組み合わせだと思います。
ぜひ、ご堪能ください!!

帰りに、ご近所の「あずま湯」さんで一風呂浴び、その場で次回描き替えのお仕事が決まりました。
お仕事に感謝。そして何よりも、支えてくださる皆様に感謝です。
スポンサーサイト

COMMENTS

はじめまして

はじめまして nyanta2030 こと にゃん太郎と申します

かねがね、銭湯の富士の絵が気になっていたのでありますが、
先日のニュースで銭湯ペンキ絵師の映像を見て感激しておりましたが、日本で2人などと言っていただけに、
お弟子さんがいたんなて、うれしくなってきました。
頑張って下さい、このブログ時々訪問させてもらうのに、
勝手にリンクさせてもらいましたがご了承ください。

Re: はじめまして

にゃん太郎さま

コメント、ありがとうございます!
おそらく、同じ番組を私の母も観ていて、家に帰ったら
「黙殺されてたわよー」
って笑ってました。
当日、現場にはいたのですが、、、

まだまだ、終わらないのだと知って頂けたら有難い限りです。
これから、益々精進していけたらと思います!

> はじめまして nyanta2030 こと にゃん太郎と申します
>
> かねがね、銭湯の富士の絵が気になっていたのでありますが、
> 先日のニュースで銭湯ペンキ絵師の映像を見て感激しておりましたが、日本で2人などと言っていただけに、
> お弟子さんがいたんなて、うれしくなってきました。
> 頑張って下さい、このブログ時々訪問させてもらうのに、
> 勝手にリンクさせてもらいましたがご了承ください。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)