藤の湯〈横浜)でのペンキ絵制作日記_2010年5月10日

●ペンキ絵制作場所
藤の湯
〒 横浜市港北区小机町1508
(JR横浜線「小机駅」から徒歩2分)

●営業時間
15:00〜23:00
日曜日8:00〜12:00/15:00~23:00、月曜休


昨日は、横浜の「藤の湯」さんにてペンキ絵制作でした。
DSCF5014_convert_20100511222646[1]

入り口にどどんと、タイル画の名作家・章仙氏のタイルです。
DSCF5012_convert_20100511222537[1]


で、中に入ると鍵や番台がかわいい、レトロな味わいの銭湯さん。
DSCF5011_convert_20100511222437[1]DSCF5007_convert_20100511222244[1]DSCF5006_convert_20100511222140[1]DSCF5004_convert_20100511221957[1]
DSCF5005_convert_20100511222049[1]DSCF5008_convert_20100511222347[1]


師匠から、「絵は小ぶりだよ」と聞いていたのですが、、、
現場で見て驚愕。

DSCF4996_convert_20100511221516[1]DSCF4998_convert_20100511221738[1]


DSCF4997_convert_20100511221633[1]

DSCF5001_convert_20100511221231[1]


コンディションが相当なものです。
前作は平成16年作でした。
DSCF4999_convert_20100511221845[1]

浮いたペンキ片をやすりで落とし、いざ制作。

DSCF5016_convert_20100511222932[1]


途中、私が諸事情で1時間程抜けねばならず、戻ったら男湯が出来上がっていました。
赤富士!
DSCF5025_convert_20100511223041[1]


早いです。
で、女湯は、、、、、

ぜひ、現場で見てみてください。
「富士(不二)といえども」の状況になっております。
ちなみに、今回は女湯の松を描かせて頂きました。
またアドバイスを頂きつつの時間でした。なかなか思うように進まないものですね。

DSCF5028_convert_20100511223136[1]


そんなこんなで、当日はいつも助けに来てくださる男性4名様に手伝っていただき、16時前に終了。
帰りに、横浜の銭湯に寄り道して帰った一行でした。



スポンサーサイト

COMMENTS

No title

藤の湯は日産スタジアムに行った時など、たまに利用する銭湯です。
道路沿いに建つこじんまりした横浜銭湯。
夏など男湯は窓を開けなってあってスゴイ開放感です(笑)
絵が更新されたのですね~近いうちに行って見ます。

まぁやぁ様

行かれたことがあるのですね!
ぜひぜひ、新ペンキ絵、御覧ください。

スタジアム、近いなぁと思いながら、気になっておりました。
そして男湯、そんな解放感があったとは、びっくりです(笑)
滅多に思いませんが、男に生まれたかったー!!、です。

No title

昨日はお疲れさま。


一昨日(土曜日)行ってきました。
女湯のペンキ絵の秘密は分かりませんが、いい赤富士でした。

周辺は旧い個人商店がいくつも営業を続ける、いい感じの商店街でしたよ。

Re: No title

十四三さま

昨日は、お疲れさまでした!!
焚きたてのお湯を逃したのが惜しかったですが、また行ってみます。

藤の湯さん、周りも味のあるお店が多いですね。
ほっこりする銭湯だったかと思います。


> 昨日はお疲れさま。
>
>
> 一昨日(土曜日)行ってきました。
> 女湯のペンキ絵の秘密は分かりませんが、いい赤富士でした。
>
> 周辺は旧い個人商店がいくつも営業を続ける、いい感じの商店街でしたよ。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)