お玉湯(鳩ヶ谷市)でのペンキ絵制作日記_2010年5月2日

●ペンキ絵制作場所
お玉湯
〒 埼玉県鳩ヶ谷市辻904

●営業時間
5月5日より営業再開
17:00~21:30。月、金曜休。

何故かお仕事が沢山が沢山入った今年の連休、2日には埼玉県のお玉湯さんにてペンキ絵制作でした。

朝7時に師匠の車に拾われ、途中、牛丼のY屋さんにて朝食。お休みのせいなのか、混んでいます。
そして、8時過ぎに現場着。
DSCF4963_convert_20100503213201[1]

DSCF4946_convert_20100503211746[1]DSCF4965_convert_20100503213314[1]
DSCF4959_convert_20100503213107[1]DSCF4958_convert_20100503213004[1]

女湯には、おしめ台も。
DSCF4953_convert_20100503212551[1]

そして、可愛い猫が3匹。
DSCF4971_convert_20100503213621[1]

名前は「一号」「二号」と続き、、、残る一匹、「三号」ではないのです。皆様、現場にて確かめてみてください!ちなみに、「タマ」ではありません。

さて、この銭湯、一時休業していたものの、今回、5日より再開ということで、ペンキ絵も描き替えです。

天井が高いです!
さりげなく、ペンキ絵の壁が、布でした。多くの銭湯ではトタンなのですが、布は昔ながらの銭湯で時々みられるパターン。はしごが突き抜けないよう、木の板で保護をして準備です。

前作の絵は、早川さん。
DSCF4951_convert_20100503212249[1]DSCF4947_convert_20100503211920[1]

DSCF4952_convert_20100503212435[1]DSCF4948_convert_20100503212023[1]


なんと、平成13年作。コンディションは良くありません。ペンキの膜がささくれのように浮いてしまっています。
布を傷つけないように汚れを落とし、いざ制作。
DSCF4955_convert_20100503212721[1]

お昼は近くのスーパーにて入手。

師匠の、
「みずき君、お味噌汁、飲みたくないかい?」
の提案に乗り、車に積んであるコンロを使って、インスタントのお味噌汁用のお湯を沸かします。
現場は軽く3分クッキングのノリ。皆様はまさか絵師の車にコンロが搭載してあろうとは思わないかもしれませんが―
DSCF4957_convert_20100503212853[1]

師匠、料理がうまいんです。
なにげなく、時々、野菜の煮たものとか、うどんなどを作ってくださるのです。

で、食べた後には、これ。
DSCF4968_convert_20100503213420[1]

師匠、満面の笑み。
マッサージチェアーです。昔ながらのもので、器具の上下移動を横の輪っか(手動)で行います。
自分の好きなところで使えるのが気持ち良く、はまりました。

そんなこんなで、午後の制作が続行。
今回は、やはりよく観にきてくださる紳士K氏がお手伝いしてくださいました。
田中は、空と雲、そして、女湯の松の小2本を描かせて頂きました。

DSCF4972_convert_20100503213723[1]

完成は、青い富士山。
水平線がすーっと伸びて、空間が広がります。

女将さんが一言、「いいわねー」と言ってくださいました。
時々、制作を見に来てくださった女将さんは、ショートヘアーの可愛いかた。
御主人が体調を崩されている中、お一人で、湯沸しの薪を切る準備からしています。
でも、いつも笑顔。
こちらの仕事も気合が入って、元気を頂く一日でした。

埼玉にいらしたら、ぜひ、寄ってみてください。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)