北町浴場(東武練馬)でのペンキ絵制作日記_2009年12月24日

●ペンキ絵制作場所
北町浴場
〒 練馬区北町2-28-13
(東武東上線「東武練馬」駅から徒歩3分)

●営業日時
15:00~25:00、水曜休

24日、まさかのお仕事で、北町浴場女湯の描き替えでした。
町田忍氏もいらして、テレビのお仕事でした。見学者のかたも数名。差し入れとお手伝い、ありがとうございました!!

今回の絵、町田氏が船と松を描いてます。
そんな町田氏のトークイベントが年明けにあるそうです。
みなさま、そうぞ★


―――――――――――――――――――――――――――――――

ペリー艦隊もビックリ!江戸銭湯混浴事情
「町田忍の極楽へようこそ ~銭湯、色街、霊柩車の不思議な関係~」

2010 01 24 [Sun]
Open 12:00 Start 13:00 End 15:30 (予定)

前売り券2000円 当日券2500円(飲食代別途必要・ビール¥590など)

会場 東京カルチャーカルチャー(お台場 ZEPP東京二階)
アクセスはこちらhttp://tcc.nifty.com/accessmap/

【出演】町田忍(庶民文化研究家) まんじまる(ライター)
【司会】テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)


「銭湯遺産」「ザ・東京銭湯」「昭和レトロ商店街」の著者で“庶民文化研究家”“日本唯一の銭湯研究家”の町田忍さんのトークライブ。 「建築」をテーマに、銭湯、遊郭、そして霊柩車まで、隠れた日本の建築文化をそれらにまつわる面白エピソードと共にご紹介くださるそうです。


【出演者プロフィール】

町田忍(まちだ しのぶ)
1950年、東京生まれ。和光大学在学中、上野の国立博物館学芸員実習時において博物学に興味を抱く。1972年、ヒッピーに憧れ寝袋持参でヨーロッパを貧乏旅行する。卒業後、警視庁麹町警察署にて交番勤務の巡査、デニーズのコック、銭湯の掃除、クラフトスクール講師を経て、長年研究してきた庶民文化における意匠等を研究多方面にて発表現在に至る。映画やテレビドラマの時代考証も手がけ、「台場1丁目商店街」の監修も担当。銭湯や霊柩車の研究に関しては第一人者。現在、テレビ、ラジオレギュラー多数。著書『ザ・東京銭湯』(戎光祥出版)『納豆大全』(小学館)『蚊遣り豚の謎』(新潮社)『昭和レトロ商店街』(早川書房)『路上ポップドールのひみつ』(扶桑社)『東京ディープ散歩』(アスペクト)ほか多数。

まんじまる
ライター。日本全国の神社仏閣、博物館、動物園水族館などを独自の視点でユニークに紹介している。現在『ワンダーJAPAN』(三才ブックス)にて「どっちの大仏ショー」連載中。各地のカルチャースクールにて「仏像講座」や「B級スポット講座」を開講。各種イベントのプロデュースも行なっており、東京カルチャーカルチャーで開催の『水族館ナイト』シリーズ、『仏像マニアックス』シリーズ、『B級スポットナイト』『ウキウキ深海魚ウォッチング』など神社仏閣系、ミュージアム系イベントの企画を担当。


「東京カルチャーカルチャー」公式サイト(ニフティ運営のライブハウスです)
http://tcc.nifty.com/
チケットはe+(イープラス)にて好評発売中!
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002035698P0050001P006001P0030001
スポンサーサイト

COMMENTS

Begin Japanology「銭湯」

NHKの英語番組・Begin Japanology「銭湯」で中島師匠とともに作業しているのが映っているを拝見しました。
ペンキ絵のことも結構紹介されていて、普段はまず見られない男女境の壁上から見たv-263ペンキ絵が壮観でした。
なかなかいい番組でした~この番組、直前できがついたので録画できなくって残念でした。

Re: Begin Japanology「銭湯」

こんばんは。実は、完全に忘れてまして。松原湯さんに、秋にいらしてたんですが、、、申し訳ないです。
私もOAをぎりぎりで見て、非常に良い番組で、しまった、、、、と思いました。
大失敗です、、、。

> NHKの英語番組・Begin Japanology「銭湯」で中島師匠とともに作業しているのが映っているを拝見しました。
> ペンキ絵のことも結構紹介されていて、普段はまず見られない男女境の壁上から見たv-263ペンキ絵が壮観でした。
> なかなかいい番組でした~この番組、直前できがついたので録画できなくって残念でした。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)