ペンキ絵も販売―今週土曜、東京銭湯ナイトvol.2@新宿ロフトプラスワン

いつも行く銭湯で、もはや故郷の風景のように見えるペンキ絵、、、。


それも素敵です。
しかし、自宅にペンキ絵、というのも、場合によっては良かったりします。

外出できないあじいちゃん、おばあちゃんの為、とか、どうしても銭湯に行けないときの気晴らしとか、新築のお家で、これからまさにペンキ絵の風景を愛でつつHOMEを育んでいくとか、、、。





でも、家にペンキで絵を描くのは少々ためらってしまう、という方、多いのでは。
そんな方、ぜひ、こんどの土曜(5月31日)の夜は新宿のロフトプラスワン(新宿、歌舞伎町)へ。
「東京銭湯ナイトVol.2」というイベントがあり、銭湯についてのトークショーが開かれるのです。
テーマは、「関西銭湯VS東京銭湯」。

熱いっ。

出演者も、町田忍、下北沢つかさ、サイトウカツミ、松本康司(WEB・関西の名湯作者)、ミムラカヨ(浪花の銭湯女、関西銭湯女番町)、、、と、豪華であります。



で、中島師匠が、そこでペンキ絵(家庭サイズ)を販売いたします。

2,3万円位でしょうか。現品持ち帰りはもちろん、描いて欲しいものがあれば可能な限りオーダーも受けます☆

2008年5月31日(土)、19:00~22:00、新宿ロフトプラスワンにて、入場1010円(←粋っ)。
詳しくは、「東京銭湯ナイトHP」↓
http://www.kt.rim.or.jp/~tsukasa/sento/tokyo1010/



語ることで見えてくるもの、て、ありますよね。


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)