吉祥寺、よろづ湯さんにてペンキ絵制作

*今回から、日記の書き方を変え、先に銭湯情報をまとめます。
行ってみていただけましたら幸いです。

●ペンキ絵制作場所
よろづ湯
〒 武蔵野市吉祥寺本町1-18-9
吉祥寺駅JR中央線・京王井の頭線「吉祥寺駅」から徒歩3分

●営業日時
16:00~24:30営業、土曜休



11月28日(土)、吉祥寺のよろづ湯さんでペンキ絵制作でした。
ヨドバシカメラの裏の道にある、味のある銭湯―よろづ湯さん。
あたりに大人向けの夜のお店が並んでいます。
28日当日は現地集合だったので、朝、銭湯前で師匠を待っていたのですが、、、
朝陽が夜のお店に差し込むコントラストが新鮮でした。

さて、よろづ湯さん。

DSCF4355_convert_20091130204425[1]


中に入ると、番台のレトロ銭湯。
タイルがかわいい!!です。お庭も良い感じです。

DSCF4363_convert_20091130204223[1]

DSCF4369_convert_20091130203527[1]蜀咏悄・点convert_20091130205609[1]DSCF4366_convert_20091130204127[1]




さて、前のペンキ絵は、早川さんのもの。
18年に描かれたものでした。
かなり傷んでいたので、はじめは、ササクレだったペンキの表面をやすりなどで削っていたのですが、、、


埒があかない、ということで、浮いたペンキを文字通り「落す」ために師匠が壁を叩くことに。

DSCF4374_convert_20091130203420[1]


ばらばらと雪のようにペンキ片が降りました。
そして、壁の地盤に残った、むかしむかしに描かれた絵をうっすらと鑑賞しつつ、空を塗っていきます。

綺麗になった壁面に、ペンキがよく染み込みました―。
男湯に富士山。女湯は見付島です。

DSCF4368_convert_20091130203630[1]


今回タナカは、見習いの作業として、男湯の空と、手前の山の緑、松、女湯は空と雲を描かせていただきました。
数名の見学者の皆様―個人宅用ペンキ絵を買ってくださっていた方や、学生さん、友人、銭湯ファンのかたなど―に見守られつつ、制作が進行していきます―。
(皆様、差し入れをありがとうございました!!
この場を借りて御礼申し上げます。
ありがたく頂いてしまいましたが―今度いらっしゃる時は、本当に、お気遣いなく!!
代わりに、気軽にぷらりと、また観にいらしてください☆)

最後にいらっしゃった銭湯ファンのかたは、男湯の絵を観て、私と師匠の描いた松を当てるという通っぷり。確かに私の描く松は師匠の松に全く及ばないものの、、、、よく観ていてくださっているのだなあと、改めて気がひきしまりました。

終了は、18時30過ぎ。
終わってから、10分くらい歩いた銭湯・弁天湯さん(吉祥寺本町2-27-13、木曜休。)に入りにいきました。ここも、師匠と夏に描きに行った銭湯です。富士山と、たかい天井を見上げて癒された後、銭湯併設の飲み屋ダバダさんで一休みさせて頂きました。ホットメニューが嬉しくて疲労全快――その後、学生時代の友人の結婚式二次会へ。
荷物を託していたロッカーに感謝―友人の奇麗な花嫁姿に疲れがふっとんだ夜でした。
皆がお祝いの気持ちを持って集まっている、素敵な会でした、、、。

DSCF4383_convert_20091130203220[1]


ペンキ絵は、前に描かれた絵を消さずにどんどん重ねて描いていくのですが、、、
これからの二人の素敵な毎日が、ペンキ絵のように末永く積み重なっていきますように。

そして、一人で頑張るひと(私も含めてですが、、)にも、銭湯で幸せな入浴の時間を満喫していただけますように☆


追加で、情報を。
近日、足立区のたちばな湯さん(足立区西新井本町3-6-21)と、五反田の松の湯さん(品川区西五反田6-18-3)でペンキ絵描き換えます。銭湯への問い合わせ・電話などはお控えください。そして、今のうちに、今のペンキ絵をお楽しみください!
スポンサーサイト

COMMENTS

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)