杉田湯(横浜市)でペンキ絵制作

19日(木)、京浜急行「杉田駅」近くの杉田湯さん(横浜市磯子区中原4-26-13)でペンキ絵制作でした。

横浜まで、高速を、師匠とドライブ。
途中、海も見えて最高の景色でした。海は広いな大きいな♪、で心が洗われる朝です。


さて、現場は裏道にあります。車の両脇が3cm位しかない小路に入るため、10分くらい挑戦に挑戦を続けたりして。
で、8時過ぎに着いた杉田湯さん。

DSCF4259_convert_20091125181731[1]
玄関こそ寺社風でないものの、内装がレトロな素敵な銭湯でした。

DSCF4260_convert_20091125181457[1]


DSCF4261_convert_20091125181548[1]DSCF4255_convert_20091125181057[1]DSCF4256_convert_20091125181216[1]DSCF4265_convert_20091125181833[1]DSCF4271_convert_20091125182044[1]DSCF4257_convert_20091125181311[1]




当日、某テレビ局から師匠に取材があり(また後日放映などお知らせします)、私は少し緊張しながら描いていきます。師匠はいつもと様子が変わらず、であります。
いつも来てくださる方々も到着。鯛焼きの差し入れ―ありがとうございます!!

男湯には見付島。いつも通り、空と雲は描かせていただきました。

DSCF4280_convert_20091125182225[1]

ちなみに、前の絵はこんな感じでした。
手前にいるのは、名お助け人S氏。いつもお世話になっております。

DSCF4251_convert_20091125181000[1]



女湯制作時には、ふと休憩。マッサージ器にて癒される師匠。

DSCF4270_convert_20091125181922[1]


女湯には富士山です。私も小さな松を描かせていただき、枝の傾きについて師匠からアドバイスを頂いたり、雲を褒められて嬉しくなったりして。
17時位に終了しました。

DSCF4264_convert_20091125181632[1]


実は、この日、私事で心身ともに最悪な状態だったのですが―そして現場に向う車中までメールが続くという最低の状況だったのですが、、、
仕事をはじめたら没頭してしまい、嫌なことがすっかり頭から離れていました。

私に、ペンキ絵があって良かった。

帰り道、師匠が少しだけ寄り道して夜景の奇麗な道をドライブしてくださったのですが、、、
もしすると、師匠は何か察していてくださったのかも知れないです。
何も言わなかったのになぁ、、、。

DSCF4281_convert_20091125182314[1]


というわけで、私を含めて、銭湯でペンキ絵を眺める人達の時間が少しでもリフレッシュされたり癒されたり叱咤激励されたりするような、そんな絵をお届けしたいと思いつつ制作した絵です。皆様、ペンキ絵に抱きしめられに、いらしてください。

DSCF4279_convert_20091125182137[1]
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)