江東区・ 第二久の湯にてペンキ絵制作

さむい、、、さむすぎる朝晩です。

さむすぎて、寝る時に靴下履いてます。
すみません。
こんな時は銭湯。


というわけで、11月5日、江東区の第二久の湯(江東区大島1-36-6)でペンキ絵制作でした。
飲食店も多い大通りを、少しだけ入ったところにあります。
DSCF4239_convert_20091106212703[1]

DSCF4241_convert_20091106212943[1]DSCF4243_convert_20091106213033[1]DSCF4244_convert_20091106213121[1]DSCF4245_convert_20091106213217[1]DSCF4238_convert_20091106212851[1]


男湯にはサウナ横に水風呂とお庭もあったり。

この銭湯、前回の絵は平成13年8月9日に描かれた早川さんの西伊豆と見附島でした。
絵の下のタイル絵も、凝っていて可愛いものでした、、、。

DSCF4230_convert_20091106212512[1]DSCF4234_convert_20091106212615[1]

DSCF4237_convert_20091106212800[1]

絵の状態は、ペンキが剥がれてきていたので、軽く束子状のやすりで擦って綺麗にします。
時間というものがはらはら落ちていくような作業です。



さて、今回は、女湯に富士山、男湯に山と水辺の絵です。
DSCF4249_convert_20091106213314[1]


私は男・女湯の空と雲と、男湯に松を描かせていただきました。


7時に護国寺付近から向い、8時に現場着、そして17時前には完全終了という早い制作の一日。
途中、目のくりくりと輝くかわいい赤ちゃんが登場―ご主人のお孫さんでした。
絵を凝視してくれる嬉しい見学者に、一時作業が中断。みんなで赤ちゃんにご挨拶のひと時でした。
和みつつ、この子が大きくなったときに思いだしてもらえたらなあ、と思ったり。

ちなみに、男湯の写真は敢えて載せませんが、一部にはこんなに細かいデティールも。

DSCF4250_convert_20091106213427[1]


ブレてよく見えないので、、、是非、現場で御覧ください☆
寒い毎日、皆様どうぞ、お体を大切に、、、。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)