松原湯(世田谷区)でペンキ絵制作

数日のあいだ風邪でバテたりしていて、23日(金)にやっと回復&ペンキ絵のお仕事へ出かけました。
今回の銭湯は、松原湯さん(世田谷区松原2-31-12)。
明大前駅から歩いて少しのところにあります。

DSCF4145_convert_20091025233407[1]

この銭湯、毎年ペンキ絵を描き換えてます。
前回の絵は平成20年の10月24日に描かれたもので、まさに1年ぶりの描き換えでした。

、、、で、毎年描きかえる銭湯には、ある特徴があるのです。
それは、、、、、

銭湯がすごく綺麗に掃除されている、というところ。



別に毎年描かないところでも、綺麗なところは沢山あるのですが、それでも「毎年」のところは綺麗なところが多くて。
お子さんなどいらっしゃるかたには、とくにおすすめです、松原湯さん。





さて、23日にはある取材が入っていて、銭湯界で知らない人のいない銭湯研究家の町田忍さんもいらしていました。町田さん、お手伝いしてくださったり、バス(男湯)や松の木(女湯)を描いたり、、、。
バス、ぜひ現場で車体横に書かれた文字を見ていただきたいです、、、。
素敵な一日でした。(帰りに町田さんが怪我をなさったのですが、早い回復を祈りつつ☆)
また、卒論の調査できた学生さんと、いつも手伝ってくださる紳士3人組に助けていただきながら、の制作でした。この場で感謝を。

DSCF4162_convert_20091025233620[1]

DSCF4146_convert_20091025233516[1]


ところで、この銭湯にはもう一つ、面白い特徴があります。
壁面に段があるのです。

この段を生かして、師匠、男湯に松をぐぐっと。
DSCF4170_convert_20091025233947[1]


遠近感もポイントです。
真下から見上げるペンキ絵―オツなものかと思います。ちなみに男湯はナイアガラ風の滝。豪快です!!

DSCF4153_convert_20091025233730[1]


ぜひぜひ、御覧ください。
帰り道には、飲食店もたくさんあるので一杯飲んでほろ酔い、てのもありかも知れません。
寒くなってきた昨今、どうぞご自愛ください☆
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)