fc2ブログ

パラレルモダンワークショップ(Parallel Modern Workshop)「これは富士山である:登拝篇・遥拝篇」

日々、昨年度のペンキ絵制作日記を書ききれていないと焦りつつ、諸々ペンキ絵案制作などに時間がかかりブログの更新が進ます恐縮です。
少しずつ書いていけたらと準備をしております。

その中で、これも本来なら年始に広報すべきであったものを一つ、、、。

IMG_2677_(1)_convert_20240131004648.jpg


昨年、美術家・美術史研究家の方々による研究会「パラレルモダンワークショップ(Parallel Modern Workshop)」による「これは富士山である:登拝篇・遥拝篇」という活動に参加しました。

「パラレルモダンワークショップ(Parallel Modern Workshop)」とは、、、、ぜひ、下記HPをご覧ください。

https://p-m-w.weebly.com/about.html

この活動のメンバーの小金沢智氏が田中の大学・大学院時代の同ゼミ生でして、学芸員や大学での講師などの仕事をしながら近・現代の日本美術史をメインに研究し続けている頼もしい存在なのですが、「富士山をテーマにする」ということで田中に声をかけてくれたのでした。
「富士山なら縁があるかなぁ?」、と参加してみたら、現代美術家・画家・写真家・キュレーターの方々が集まっていらしたという、、、

恐いぞ、小金沢氏。




、、、というわけで、「これは富士山である:登拝篇・遥拝篇」がどういったものかといいますと、、、
下記サイトをご参照ください。

https://p-m-w.weebly.com/Fujisan_postcard.html

●参加者
青木遼、大平由香理、川合南菜子、金子富之、金子朋樹、菊地匠、小金沢智、杉本克哉、春原直人、多田さやか、田中みずき、土田翔、⻑沢明、中村ケンゴ、西澤諭志、林勇気、ベリーマキコ、間島秀徳、三瀬夏之介、山下和也(ちやのある Le Cha noir)、山本雄教、吉江淳(五十音順、敬称略、合計22名)

そういったわけで、田中は「遥拝篇」参加者として絵葉書制作に参加いたしました。



サイトをご覧いただきますと、このセットが販売可能ということで、現在、田中が自由にできるものが4箱ございます。

サイトをご覧頂くとわかるのですが、1セット25枚組で¥11,000‐(税込)。
こちらに、送料¥520‐が加わり、¥11,520‐となるのですが、、、

1つは自分用に確保しております。
もし3つ、欲しいというかたがおられましたら、こちらのブログまで、ご連絡いただけたらと思います。
下記2プロセスを経て頂けましたら幸いです。

①「コメント欄非公開」設定にしたうえで一度「テスト」という文面のみでメッセージを試しにお送り頂く。
②ブログでのコメント非掲載になることをご確認いただいた上でお名前・ご住所・ご連絡先(メールアドレス)・お電話番号をご連絡ください。

どこかでお会いした際に伝えて頂くかたちでも問題ありません。




なお、今回の売り上げですが、送料以外は石川県へ寄付にしようと思っています。
下記サイトの、「石川県令和6年能登半島地震災害義援金」口座への入金となります。

https://www.pref.ishikawa.lg.jp/suitou/gienkinr0601.html


なお、今年、田中から年賀状が届いたかたは、絵葉書作品が同じものですのででご了承ください、、、。




この弱小ブログに反応があるのかわかりませんが、もし売れましたらまたブログにて寄付のご報告をさせて頂きます。
ブログで物を売ることに慣れていないのでドキマギしておりますが、取り急ぎ、ご報告まで。


スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)