「文京の湯 銭湯MUSEUM」に合わせ、本日2017年10月15日(日)のイベントと今後のラジオでの展示紹介と、気になるお湯「怒涛のスッパシトラス湯」について

本日連投の4つの記事の、最後です。

先日も記事にした、「文京の湯 銭湯MUSEUM」。
9日のトークショーにお越し下さったかた、ありがとうございました。
大盛り上がりで、懇親会も様々なかたとお話が出来て楽しかったです。

「銭湯MUSEUM」は文京区の全銭湯6軒で開催中の美術展なのですが、お知らせが沢山あります。
このブログ記事内で4つまとめてお知らせさせて頂きます。

1、2017年10月15日(日)開催「なまえもじイベント」@白山浴場(文京区)
まず、本日10月15日(日)、16:00~19:00も白山浴場にて齋藤史生氏によるイベント「なまえもじイベント」が開催されます。
先着50名に、笑文字(えもじ)作家の齋藤さんが名前を書いてくださるというイベント。
田中も先日のトークショーで頂いたのですが、、、凄く嬉しいですね、名前を頂くという体験。
赤ちゃんへの誕生祝などにも良さそうです。
齋藤さんのにこやかで大らかな雰囲気にも癒されそうです。

ぜひ、お越しください。
白山浴場の情報はこちらをご参照ください。
http://www.sentou-bunkyo.com/

(※銭湯名を訂正しました。2017年10月15日 18:19)

2、ラジオ「くにまるジャパンの極みシアター」
10月17日(火)、文化放送(AM1134、FM91.6MHz)のラジオ番組「くにまるジャパンの極みシアター」内で10:15前後に「銭湯MUSEUM」のことが紹介されるそうです。
毎週月~金、9:00~13:00放送中の人気番組「くにまるジャパンの極みシアター」。
10月17日はぜひお聞きください。

番組サイトは下記をご参照ください。
http://www.joqr.co.jp/kiwami/


3、「怒涛のスッパシトラス湯」
「怒涛のスッパシトラス湯」。
気になるネーミングですが、文京の銭湯で楽しめるお湯のことです。
下記のスケジュールで果物湯が楽しめます!!

2017年10月29日 ライム湯
2017年11月19日 みかん湯
2017年12月3日 はっさく湯

柑橘系のお湯、さっぱりしつつ凄くあたたかな気持ちになり幸せ度数が増すのは何故なのでしょうか、、、。
怒涛のスッパシトラス湯、ぜひお楽しみください。
入る銭湯は下記をご参照ください

4、参加作家で写真家の橘田龍馬氏のワークショップが2017年11月11日(日)にあります。
企業とのコラボレーションも多い大活躍の写真家、橘田龍馬氏のワークショップの参加者募集がはじまりました。

無料ですが、申込が必要です。
すぐに埋まってしまうかと思います。
詳細と申込は、下記サイトをご覧ください。

http://sentou-bunkyo.info/





以上、怒涛の文京区「銭湯MUSEUM」関連のお知らせ、様々なイベントありますので、ぜひお楽しみください。

スポンサーサイト

銭湯大使ステファニー・コロインさんの著作『銭湯は、小さな美術館』(啓文社書房)と、現在発売中の『週刊朝日』(2017年10月10日発売、10月20日号)について

本日、連続4つのブログ投稿となります。
その3つめが、こちら。

先日発売された、銭湯大使のステファニー・コロインさんの著作『銭湯は、小さな美術館』(啓文堂書房、2017年)です。

ステファニーさん『銭湯は、小さな美術館』20171015
(※ステファニーさんから写真を提供頂きました)

詳細はこちらを。
http://kei-bunsha.co.jp/archives/679

大学時代にフランスから日本に留学して銭湯に出会ったというステファニーさん。
現在は銭湯大使にも任命され、日本各地の銭湯を精力的に訪れています。
本では、各地で出会った銭湯が沢山紹介されています。
銭湯を彩る建築やタイル、ペンキ絵、そして御主人たちの笑顔などがぎっしり掲載されていて、私は観ているだけで楽しくなりました。

掲載されている銭湯、行ってみたくなるはずです。
ぜひ、手にして銭湯を周って頂きたいという1冊です。
ちなみに、本の中ではありがたいことに田中もご紹介くださっています。


なお、本の刊行に合わせ、現在発売中の『週刊朝日』(2017年10月10日発売、2017年10月20日号、朝日新聞出版)の巻頭グラビアで、本にも掲載されているステファニーさんお勧めの銭湯が紹介されています。
星野源さんが表紙の号です。

ステファニーさん『週刊朝日』_20171005JPG_convert_20171015121216

https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=19430

記事は、田中の夫の便利屋こまむら・駒村佳和も田中も取材頂いたことがあるライターの朝山実さんの文章。
ステファニーさんがどんな風に銭湯に惹かれていったか、興味深くまとめられています。
秋の銭湯巡りに、お勧めです。

スルガ銀行のサイトd-laboにて、インタビュー記事が掲載されました_2017年10月13日

スルガ銀行のサイトd-laboから取材を受けており、先日インタビュー記事が掲載されました。

タイトルが「富士山からキャラ絵まで…。現代の“銭湯ペンキ絵師”の仕事に迫る!」です。
王道の銭湯でのペンキ絵制作は勿論、そんなところでも描いているとは、という作例も多数丁寧に紹介して下さっています。

下記からご覧頂けますので、お読み頂けましたら幸いです

http://www.d-laboweb.jp/special/sp573/

本日2017年10月15日(日)、銭湯での3つのイベントのお知らせ

当日になり、申し訳ありません。
本日、お世話になっている3つの銭湯でイベントがあります。


1、【銭湯でピンと~れ」@第二寿湯(江戸川区)】
お知らせひとつめが、江戸川区の第二寿湯さん(瑞江駅から徒歩10分江戸川区江戸川1-46-12)、で開催されている「銭湯でピンと~れ」。
ピンバッジ交換会です。
11:00~15:00までの開催で、昨年は行列ができる大盛況。
江戸川区の銭湯と言えば、、、お湯の富士のグッズの販売もあります。
しかも、先着100名に、お湯の富士のピンバッチを無料配布。

詳細は下記からご覧ください。
http://www.oyunofuji1010.com/news/2017/09/post-112.php

2、【「至福のひととき湯」特別撮影会イベント @小杉湯(杉並区)】
続いてふたつめのがこちら。
10月15日(日)、開店前の13:30〜14:30に「至福のひととき湯」が撮影可能になります。
果物や花の浮かぶお風呂が素敵だったのに写真が撮れずに悔しかったというかた、この機会を活かしてください。
ペンキ絵の写真もお撮り頂けましたら幸いです。

詳細は下記をご参照ください。
https://goo.gl/forms/g8E6pciv0B5aDGRq1 …


3、【なまえもじイベント@白山浴場(文京区)】
三つめのお知らせです。
文京区で開催中の銭湯MUSEUMに合わせ、本日16:00~19:00、白山浴場(文京区)にて齋藤史生史によるイベントがあります。
あの癒しの笑顔の齋藤さんに、先着50名が名前を書いて頂けるというイベントです。
詳細は下記をご覧ください。
http://mizu111.blog40.fc2.com/blog-entry-691.html

(銭湯名を訂正しました。2017年10月15日 18:20)

以上3点、取り急ぎご紹介させて頂きます。
どの催しも、イベント後には銭湯で入浴をお楽しみ頂けます。
日曜日、ぜひ銭湯で楽しい時をお過ごしください。

讀賣新聞ネット版の記事でご紹介頂きました。_2017年10月10日

昨日は文京区での銭湯MUSEUMトークイベントに多数のかたにお越し頂き、ありがとうございました。

本日は、10月10日。
1010の日、セントウの日、ということで銭湯の日です。

都内の銭湯ではラベンダー湯やタオルのプレゼントなどが行われているので、ぜひお近くの銭湯へ、行ってみて下さい。

JTの「至福のひととき湯」(小杉湯湯、杉並区高円寺)や、銭湯MUSEUMが開催中の文京区の銭湯もおすすめです。
上記2点、前に書いたものを貼っておきます。

【JT presents 至福のひととき湯】
http://mizu111.blog40.fc2.com/blog-entry-682.html?sp

【銭湯MUSEUM】
http://mizu111.blog40.fc2.com/blog-entry-683.html?sp


さて、銭湯の日ということもあり、讀賣新聞のネット版の記事でご紹介頂きました。
(※紙面には掲載されません。)

http://sp.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20171006-OYT8T50025.html

昨日のトークを覆す、銭湯絵はアートだ、の見出し。
銭湯絵とは何か、美術とは何か、アートとは何か、、。
そんなことも考えながらお読み頂けましたら幸いです。

明日2017年10月8日(日)の朝、FMラジオ局J-WAVEの「ACROSS THE SKY」でお話させて頂きます。

FMラジオ局J-WAVEにて毎週日曜日の午前中9時~12時に、「世界と繋がる」をテーマにした新番組『ACROSS THE SKY』。
ナビゲータ―は玄理(ひゅんり)さんです。
この番組内で、明日の2017年10月8日(日)の10:00少し過ぎ(10:05分位)から10分程お話をさせて頂くことになりました。

【ACROSS THE SKY】
●放送局: J-WAVE、81.3MHz
●番組URL: http://www.j-wave.co.jp/original/acrossthesky/

現在、ラジオ以外にもスマートフォンのアプリなどでもお聞き頂けます。
聞き方については、下記サイトをご参照ください。
http://www.j-wave.co.jp/radiobar/

お話の中で、近日開催される銭湯イベントのお知らせなどもさせて頂きます。
お聞き頂けましたら、嬉しい限りです。

サイト「70Seeds」にインタビュー記事が掲載されました_2017年10月4日

サイト「70Seeds」さんでインタビューを受けました。
「日本で3人だけの『銭湯絵師』。 最年少の銭湯絵師と地域の人々が描く風景」というタイトルです。

今まであまりお話していなかった、東京以外でのお仕事の紹介などもあり、丁寧にまとめて下さいました。
ぜひ、下記URLからお読み頂けましたら幸いです。

https://www.70seeds.jp/sentoue299/

(※誤字があり、文章を直しました。2017年10月4日)

2017年10月28日(土)、鹿島湯(埼玉県)にてリニューアルオープン記念ペンキ絵制作イベントがあります。

「ホームなのにアウェイ 浦和にあるけど『鹿島湯』」で御馴染みの鹿島湯さんにて、10月28日(土)にイベントがあります。
先日リニューアルした鹿島湯さんでのイベントです。

詳細は、下記、御主人のブログをご覧ください。

https://1010-kashimayu.amebaownd.com/posts/3030544
(※転載されているJAPAN MADEの最初の画面の田中の名前がみづきとなっておりますが、気にせずにいてください。)

15年ぶりのペンキ絵、描かせて頂きます。

鹿島湯は、こちら。

【鹿島湯】
〒埼玉県さいたま市南区別所3-3-10(駐車場あり。)
●HP: http://1010kashimayu.wixsite.com/home

通常時も、イベントや撮影などにも場所を貸して下さるようです。


10月28日(土)当日はペンキ絵を制作する様子をご覧頂けたり、ワークショップを行ったり、遊びもあるイベントが用意されていたり、、、という予定です。
開催時間など詳細が決まりましたらまた情報を掲載いたします。

御主人のTwitterも楽しくてお勧めです。
https://twitter.com/1010kashimayu

地元の子供たちに楽しんでもらえると嬉しい限りです。

「文京の湯 銭湯MUSEUM」展示開催中&ワークショップのこと、そして、トークイベント(10月9日)参加者募集

先日も掲載した、2017年9月30日(土)から12月3日(日)まで文京区内の全6つの銭湯で開催中の「文京MUSEUM」。
6人の作家さんが一人ずつ銭湯に展示をしていて、田中も歌舞伎湯に展示させて頂いております。

各銭湯情報や展示詳細は、下記の前のブログをご覧ください。

http://mizu111.blog40.fc2.com/blog-entry-681.html



田中が展示をさせて頂いているのが、歌舞伎湯さん。

銭湯MUSEUM_歌舞伎湯_1_20171001
(※イベント準備のため、特別に銭湯の横に車を停めさせて頂きました。通常は駐車できません。)

場所など、下記をご参照ください。

【歌舞伎湯】
(〒 文京区小石川3-12-1  都営三田線・大江戸線「春日駅」A5出口、丸の内線「後楽園」駅から徒歩10分)
営業時間:15時〜23時30分、金曜休。

電機風呂、薬湯、泡風呂、水風呂などが楽しめるほか、脱衣所のマッサージチェアやロデオボーイも無料で使えるというサービスっぷり。
シャンプ―や石鹸を忘れても、銭湯で借りられます。
銭湯MUSEUM_歌舞伎湯_3_20171001


赤絨毯のような床の内装もゴージャスなこちらの銭湯、はじめはどんな展示にしようか迷いました。
「歌舞伎」湯ということで、歌舞伎をモチーフにした展示にしようかと思っていたのですが、、、

綺麗で気さくでお茶目という凄い女将さんと相談する中で、「歌舞伎も良いのですが、実は私は●●歌劇団が好きで、、、」という話になり、、某歌劇団をイメージした展示にすることにしました。

銭湯、御主人や女将さんの人柄が出ていると、お話していても楽しいですね。

そんなわけで、少し展示を掲載します。
「PLAY」というタイトルの展示にしました。

まず、どうしても作りたかった顔はめパネル。

銭湯MUSEUM_歌舞伎湯_4_20171001

銭湯MUSEUM_歌舞伎湯_620171001

銭湯MUSEUM_歌舞伎湯_2_20171001

こちら、撮影可です。
(ほかの展示作は、脱衣所や浴室内のため撮影ができません。)


浴室内はこんな感じです。
銭湯MUSEUM_歌舞伎湯_5_20171001

脱衣所からサウナ室の窓なども観て頂けると嬉しいです、、、。

なお、10月1日には、子供たちとワークショップを行い、作品を制作しました。

銭湯MUSEUM_歌舞伎湯_8_20171001

子供たちと描いた絵、脱衣所に展示してあります!!
カラフルで元気な絵、ぜひご覧ください。
子供たちのお父様やお母様が見守る中、本当に熱心に描いていて、描くスペースが足りなくなるほどでした。

制作の後、歌舞伎湯さん皆で入浴して、ワークショップの終わりです。

そして、最後、顔はめパネルを試すお父様と撮影するお母様、そして子供たちの歓声、嬉しかったですね、、、。
銭湯MUSEUM_歌舞伎湯_9_20171001

楽しんでもらえていれば、と願うばかりです。


歌舞伎湯、ぜひお楽しみ頂けましたら幸いです。
顔はめパネルで撮影して、SNSにあげて下さると嬉しいです、、、、。



なお、10月9日(月)に今回の展示者6名のトークイベントがあります。
下記、ご参照下さい。
http://sentomuseum20171009.peatix.com/


予約が必要なものの、座席僅少となっております。
お早目にご予約頂けると安心かと思います。

当日、銭湯大使のステファニー・コロインさんの著作『銭湯は、小さな美術館』(啓文社書房)も販売します。

JT「至福のひととき湯」プロジェクト(2017年10月9日再追記あり)

ブログの更新も、諸々のお仕事も、お待たせしており申し訳ありません、、、。
秋、銭湯の季節がやってまいりました。

2017年10月1日から、JT(日本たばこ産業株式会社)のCMが銭湯を舞台にしたものになりました。
田中もチラリと映っております。
このシリーズのCMでいつも拝見して綺麗だなぁと思っていたリヴ・オドリスさんが日本の銭湯でゆったりとくつろいでおられる姿、良いですね。


そして、10月10日(火)から5日間、小杉湯(杉並区)が特別Ver.に変わります。
その名も「至福のひととき湯。」

お湯もバージョンアップし、「至福の果実湯」「至福のラベンダー湯」「至福のミルク湯」が楽しめるほか、、、
10月10日(火)にはバリスタ田口希憲氏と篠崎好治氏の淹れる本格コーヒー牛乳なども楽しめます。(10月10日(火)のみ提供となります。22:00まで先着500杯限定。2017年10月9日、追記いたしました。)
(※記事執筆当初、篠崎氏のお名前が抜けておりました。申し訳ありません。訂正いたします。2017年10月4日)

下記サイトから詳細をご覧ください。
サイト内のイラストは小杉湯で働くイラストレーター、enya honamiさん。
素敵です。
サイト内から、CMもご覧頂けます。

https://www.jti.co.jp/corporate/tvcm/hitotokiyu.html


念のため、期間や銭湯名、場所などのみ下記に抜き出します。

《至福のひととき湯》
●開催日時: 2017年10月10日(火)~10月15日(日)15:30~深夜1:45 ※10月12日(木)は定休日
●開催銭湯: 小杉湯(東京都杉並区高円寺北3-32-2)
●入場料: 入浴料金 大人:460円 中人:180円(小学生) 小人:80円(幼児)
※10月10日(火)銭湯の日は無料で開放
※通常有料のドライヤーや、マッサージ機も無料でご使用いただけます。
※混雑時は店頭にお並びいただきます。


そもそも、何故JTが「至福のひととき湯」を用意したかと言うと、、、

―――
JTは「ひとのときを、想う。」という企業思想のもと、
「かけがえのないひととき」や「大切な時間」を想う企業だからこそ生み出せる価値を、
お届けしたいと考えています。

銭湯は、古くから多くの人が集まり、
家族・友人・地域のつながりなど、多くの人と人との間に、
「かけがえのないひととき」や「大切な時間」をつくってきました。

人々の「かけがえのないひととき」や「大切な時間」を大切にしていきたい。

そんな想いから、銭湯の日に誰でも無料で“至福のひととき”が堪能できる銭湯をオープンします。
―――
(以上、サイトより転載)


、、、ということで、ほっとするひととき、ぜひお楽しみ頂けましたら幸いです。
田中も、この日のために特別バージョンのペンキ絵を描かせて頂きます。
小杉湯で長年愛されてきた丸山清人絵師のペンキ絵からこの期間のみ絵が変わりますが、至福のひとときの変化、楽しんで頂けましたら幸いです。

なお、期間の記載の中に注で書いてありますが、10月10日(火)の銭湯の日は無料入浴できます。
家族・友人・地域のつながり、、、そして銭湯に行ったことがない大切な人を誘って一緒に、至福のひとときを過ごしてみませんか?
高円寺、寄り道できる美味しいご飯処や楽しい呑み屋、素敵なお店も沢山あります。