扶桑社、『週刊SPA!』2017年8月8日号(発売美は2017年8月1日です)でインタビューを受けました_2017年8月1日

扶桑社の『週刊SPA!』8月8日号(2017年8月1日発売)のインタビュ―ページ「エッジな人々」に、田中のインタビュ―記事が掲載されております。

題して、「なぜ銭湯のペンキ絵は9割が富士山なのか?」。

週刊SPA!_20170801_convert_20170801231612

雑誌紹介詳細は、こちらのサイトをご覧ください。
http://www.fusosha.co.jp/magazines/spa/

これ、誌面の4辺をぐるりと制作風景の写真が並ぶという素敵な頁の組み方をして下さいまして、、、
ぜひ、実物をご覧いただければと思います。

取材・文が福田フクスケんさん。
写真撮影がスギゾ―さん。
制作風景を撮影させて頂いたのは、足立区の江北湯さんでした。
(今年描き替えをさせて頂いたのにまだ記事にできず、、、過去の制作記録がこちらです。←「こちら」部分、クリックしてご覧ください。)
なお、編集者の高石智一さんは、銭湯・サウナ好き。
サウナのある銭湯の魅力など、取材時に伺ってとても面白かったです。

江北湯さんのほかにも、これまでに描いた変わったペンキ絵など出ております。
抜粋の一部分のみ、下記からご覧頂けます。

https://nikkan-spa.jp/1371922

すごく丁寧に、話の中に出てくる「パノラマ」などの近代の文化にも注をつけて下さいました。
銭湯のペンキ絵、インタビューに合わせ、ぜひお楽しみ頂けましたら幸いです。
スポンサーサイト