豊川浴泉(文京区)でのペンキ絵制作日記_2010年8月9日

●ペンキ絵制作場所
豊川浴泉
〒 文京区目白台1-13-1
都電荒川線 「早稲田」駅から徒歩5分

●営業日時
16:00~24:00、月曜休

家から近い銭湯さんにて、ペンキ絵制作であります。
DSCF5557_convert_20100815180215[1]

60周年を迎えたという銭湯は、鏝絵が可愛くて注目です。
DSCF5558_convert_20100815180309[1]
お庭にも。
DSCF5563_convert_20100815180452[1]

入り口にも。
DSCF5560_convert_20100815180541[1]

前の絵は、早川さんのものでした。
DSCF5554_convert_20100815175959[1]

どんどんと描き替えていきます。
DSCF5556_convert_20100815180101[1]

その後、できたのは、夏らしい山と富士山―。
DSCF5561_convert_20100815180743[1]

DSCF5565_convert_20100815180851[1]

さわやかな絵、楽しんでいただけましたら幸いです。

で、見学者のかたがたに手伝ってもらい、作業終了。
脱衣所の照明も可愛いなあ、、、
なんて思いながら終わった一日でした。
DSCF5564_convert_20100815180630[1]


綺麗な豊川浴泉さん、どうぞペンキ絵も楽しんでお入りいただければ嬉しいです。
スポンサーサイト

亀の湯(葛飾区)でのペンキ絵制作日記_2010年8月5日

●ペンキ絵制作場所
亀の湯
〒 葛飾区堀切2-47-9
堀切菖蒲園駅から徒歩8分

●営業日時
16:00~22:00、木曜休

着いたのは、可愛らしいレトロ銭湯。
DSCF5538_convert_20100815172726[1]

DSCF5540_convert_20100815172819[1]

脱衣所には、ぬいぐるみが沢山。
DSCF5546_convert_20100815173235[1]

熊に抱かれている犬、複雑な心境だろうな、、、。
などと思いつつ、でも、黄色いふっくらしたお腹、かわいいですよね☆

浴室、絵の周りのタイルも、可愛い銭湯でした。
DSCF5533_convert_20100815172409[1]DSCF5535_convert_20100815172525[1]



前の絵はこんな感じです。早川絵師のものでした。
DSCF5526_convert_20100815171755[1]DSCF5528_convert_20100815172026[1]


ペンキ層が厚く重なり、コンディションが非常に悪い状態でした。
こそぎ落して準備です。

製作中、師匠が一休み、、、
DSCF5532_convert_20100815172228[1]

という庭の奥には、猫さんも。
DSCF5531_convert_20100815172124[1]

ペンキ絵制作にも興味津々だったようで、製作中も近づいてじっと見ていました。
きゅんとしました。

今回の絵も、夏の富士山。師匠の中で小ブームのようです。
DSCF5543_convert_20100815173026[1]DSCF5542_convert_20100815172915[1]


定着してきたでしょうか?
途中、銭湯に造詣の深い町田忍さんも登場し、船を描いていかれました。


もくもくと描くなか、通常のように師匠から
「みずき君、松、描いて」の指示が入りました。

で、男湯にも女湯にも描いていきまして、、、

にっこりした師匠から、最後にひとこと、
「今日は、初めて、全部の松を一人で描いたね。俺が描いたのは一つも無い。」
DSCF5544_convert_20100815174640[1]


心の中で絶叫してしまいました。
あああああああああ、師匠!!
育てるっていうのは、こういうことなんですね。

ううむ、頑張ります。

DSCF5536_convert_20100815172620[1]


そんなこんなで無事に終わった一日、皆さん、ここに入ったら、ぜひ、松を見てみてください。よろしくお願いいたします。

大黒湯(目黒区)でのペンキ絵制作日記_2010年8月2日


●ペンキ絵制作場所
大黒湯
〒 目黒区上目黒4-25-10
東急東横線「祐天寺」駅から徒歩7分

●営業日時
15:00~24:30、月曜休

DSCF5518_convert_20100815170047[1]


こまめに描き替えをしている銭湯=掃除も綺麗にしてある気持ちの良い銭湯、の法則がなりたつ、大黒湯さん。
ここ、かつて通っていた会社に近くて、昔、よく寄っていたものです。
改修とかもしながら、良い昔のものはしっかり残すセンスが素敵であります!!
DSCF5514_convert_20100815165722[1]DSCF5515_convert_20100815165804[1]

DSCF5516_convert_20100815165854[1]DSCF5517_convert_20100815165958[1]



師匠は浴室に入ってすぐ、
「みずき君、床がぬれているから気をつけて、、、」
と注意をしつつ、数秒、床を凝視。

「、、、じゃない!!床のタイルまで奇麗に磨いてあるから光ってるのかぁー。」

むしろ水のしずくが残らないくらいに奇麗にしてあったんです。
周りも、少しずつ小まめに改築していて、清潔感漂う空間です。
ここ、家の近所だったら確実に通ってます。ちなみ、かつて通っていた時も、常にお客さんがいらっしゃいました。

さて、この空間にて、作業開始。
脱衣所の壁を取っ払える構造にしてあるので、作業も楽です。
前の絵はこんな感じでした。
DSCF5513_convert_20100815165630[1]


今回は、見学者も多数。
銭湯研究家(?)の町田忍さんも登場。バスを描いていかれました。(現場でご覧ください。)
今回の休憩、師匠が用意したおやつは、メロン。
おいしくいただきましたー。
DSCF5521_convert_20100815170146[1]


今回の絵柄は、夏富士(頂上の雲の部分が溶けている状態です。)。
めずらしいです。
DSCF5523_convert_20100815170317[1]

さわやかな夏のふじさん、綺麗で気持ちの良い大黒湯さんでお楽しみいただけましたら、こちらも嬉しいです。

第二香藤湯(墨田区)でのペンキ絵制作日記_2010年8月1日

●ペンキ絵制作場所
第二香藤湯
〒 墨田区押上3-41-1
都営浅草線「押上駅」から徒歩12分

●営業時間
16:00~23:30、日曜休(5月5日、冬至、10月10日は営業)

本日は、富山県の観光アピールに合わせて、立山連峰を描く一日です。
途中、スカイツリーを通り越しての朝でした。
DSCF5491_convert_20100815160834[1]

着いた現場は、非常ーーーにレトロな銭湯。
DSCF5499_convert_20100815161800[1]

入り口の、「男湯」と「女湯」の表記が、、、
DSCF5500_convert_20100815161929[1]

DSCF5504_convert_20100815162139[1]
DSCF5503_convert_20100815162023[1]

「紳士」!「淑女」!
自分が、値する人間か考えてしまいました、、、。

中に入ると、浴室の床や、浴槽の底のタイルがまた可愛くて、見入ってしまいます。
DSCF5506_convert_20100815162254[1]DSCF5496_convert_20100815161536[1]


脱衣所の置物は、鳥の剥製の上に恐竜フィギュアという、生命の進化の神秘を感じさせる銭湯。
DSCF5507_convert_20100815162357[1]


ここは、上級者の皆様向けかもしれません。

ちなみに、脱衣所の金魚は20歳!!
DSCF5510_convert_20100815162608[1]

師匠いわく、
「みずき君、ポニョがいるよッ★」
色々と崖っぷちです。もはや、ファンタジーの世界であります。


前の絵は18年前のものでした。
DSCF5494_convert_20100815161317[1]DSCF5492_convert_20100815161104[1]

DSCF5495_convert_20100815161429[1]

ご長寿湯ペンキ絵!!
というか、限界を越境してしまっているので、やはり数年で描きかえることをお勧めします。

しかし今回、絵の下地がめくれてはいるものの、前回の制作時に師匠が奇麗にしていたそうで、ペンキが層になっていなかったのが救いでした。
やすりで表面を軽くけずって作業をしていきます。

途中、師匠の持ってきてくださった巨大スイカでおやつ。
癒されました、、、。
DSCF5509_convert_20100815162501[1]

田中は今回もやはり空と雲と松を描かせていただき、作業終了。
広々とした立山連峰となりました。
DSCF5512_convert_20100815162851[1]DSCF5511_convert_20100815162751[1]

いつもの紳士たちに助けていただき、取材にきていたかたがたもいらしたりして、19時位まで作業の一日でした。
面白い銭湯でした。

アーツ千代田3331「3331Presents TOKYO:Part2」展に出品します

先日のブログで書いた銭湯振興舎(私を含め、有志3人で銭湯をより楽しくする企画をたてる団体)の事務所があるアーツ千代田3331にて、ほかの入居団体の皆様と展覧会を行います。

「3331Presents TOKYO:Part2」展
2010年8月7日(土)~29日(日)

会場:Arts Chiyoda
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14

東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
JR御徒町駅南口より徒歩7分
JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分

施設オープン時間 10:00〜21:00
展示時間は、日曜~木曜12:00~19:00、金曜~土曜12:00~20:00

入場無料

作品販売(シークレットオークション形式)もあります。


会場には、でかいペンキ絵を展示しますよ。
21日(土)15:00~17:00には中島師匠のペンキ絵公開制作もあります。
ぜひぜひ、ご来場よろしくお願いいたします!!


なお、この準備につきなかなか動けず、現在ブログ記事が溜まってしまっています、、、。
8月1日にも2日にもお仕事があったので、しばらくお待ちください!!。
銭湯バンザイ、で頑張ります。