第二日の出湯(大田区)1日限定再開(11月18日)とプレオープン(11月11日、12日)について

10月末に閉店した、第二日の出湯(大田区)さん。
11月18日(土)に1日限定でオープンなさるのですが、、、

そのプレオープンとして、11月11日(土)から12日(日)からにかけて1晩、第二日の出湯さんに「今までありがとう」と気持ちを伝えるイベントが開かれます。

詳細は下記サイトをご覧ください。

https://hinodeyu-special.site


申込が必要です。ぜひ、ご参加下さい。
スポンサーサイト

「銭湯MUSEUM」メディア情報

文京区で12月3日(日)まで開催中の銭湯MUSEUMが、今週2つのメディアで紹介されるそうです。

「銭湯MUSEUM」については、かつて書いた下記ブログをご参照ください。
http://mizu111.blog40.fc2.com/blog-entry-681.html


●11月9日(木)、TV番組、NHK「ごごナマ」(通常、月~金、13:05~16:00放送)
13:50分頃から、歌舞伎湯、豊川浴泉、大黒湯が紹介されるようです。
番組のサイトがこちらです。
http://www4.nhk.or.jp/gogonama/

●11月10日(金)、ラジオ番組、文化放送「くにまるジャパン極」(通常、月~金、9:00~13:00放送)
12:08~12:32頃、白山浴場と大黒湯についての放送があるそうです。
Hzなど、番組のサイトをご参照ください。
http://www.joqr.co.jp/kiwami/


ごごナマ、アナウンサーのかたが歌舞伎湯の顔はめパネルをして下さることを祈りつつ、放送を待ちます。
銭湯MUSEUM、ぜひお楽しみください。

鹿島湯さんでのイベントに参加させて頂き、ありがとうございました。

昨日は、「浦和にあるのに鹿島」「ホームなのにアウェイ」のキャッチコピーで有名な鹿島湯さんでのリニューアルオープンイベントでした。
お越し下さった皆様、ありがとうございます。

鹿島湯のHPがこちらです。
http://1010kashimayu.wixsite.com/home



「銭湯もりあげた~い」のかたによるキックボールなどのゲームや、子供たちが檜の木に鹿島湯さんへのメッセージを書くイベント、地元自治会の方々によるBBQなどに合わせ、ペンキ絵の公開制作とワークショップをさせて頂きました。

ワークショップ、沢山の子どもたちが一生懸命に描いてくれました。
海の生き物たちが、賑やかに描かれています!!

鹿島湯_子供たちの絵_20171028_convert_20171029221527

完成作は、鹿島湯に飾られます。



また、子供たちが絵やメッセージをかいた檜の板は、本日10月29日(日)と11月12日(日)に鹿島湯さんのお湯に浮かべられます。

鹿島湯_子供たちの檜の絵_20171028_convert_20171029221452

こちらも、力作揃い。
檜の良い香りと子供たちの可愛らしい絵、ぜひお湯につかりながら癒されて下さい。



そして、ペンキ絵です。
61周年の鹿島湯さん、15年前に止めていたペンキ絵の復活となりました。
常連さんが、「やっぱり、銭湯っていったら富士山だよね。久々に観られて嬉しい」とお話していたのが嬉しかったです。

完成したはこちら。
細い幅の板が連なる壁でして、板と板の間の溝に刷毛を入れていくなど少々苦労しながらも、富士山と武甲山を描かせて頂きました。

鹿島湯_男湯_20171028_convert_20171029221209

鹿島湯_女湯_20171028_convert_20171029221244

なお、今回の絵、御主人のご要望で浜辺に浦和らしさを感じさせるモチーフが描いてあります。実物でぜひ、ご覧ください。

また、男湯と女湯の下のほうに、「判じ絵」というものを描いております。
絵で謎かけをする「判じ絵」ですが、男湯に女湯の判じ絵の答えを書き、女湯に男湯の判じ絵の答えを書いております。

つまり、、、ご家族や友達、恋人など、男女で行って答え合わせをして頂きたいと思っています。
あるいは、フロント前のくつろぎ場に居る異性に聞いてみるもよし。
鹿島湯さんのフロント前、机も椅子もあり、飲み物やてんやものも楽しめてとてもくつろげますので。

判じ絵、ずっと描いてみたかったので嬉しい限りです。


通称「三代目」と言われる若旦那も熱く明るく楽しい銭湯、ぜひお楽しみください。

2017年10月28日(土)、「ホームなのにアウェイ」鹿島湯さん(埼玉県)でのリニューアル記念イベントにてペンキ絵制作を行います。

鹿島湯リニューアル記念・銭湯ペンキ絵ライブペイント を行います。

「ホームなのにアウェイ」のキャッチフレーズで人気の、浦和にある銭湯「鹿島」湯さん。
リニューアルオープン記念で、富士山ペンキ絵ライブペイントを行います。

制作の様子をご覧頂けます。
制作中は集中するためお話などはできないのですが、制作の合間に抜け出し、お子様向けにワークショップを行います。
鹿島湯のお近くのかた、また鹿島湯に行ってみたいというかた、ぜひお越しください。

また、併せて地元自治会の方々のご協力によるバーベキューコーナーも用意されます!!
鹿島湯の釜で作った炭で焼いてくれるという
なんとも贅沢なBBQ!!

〜メニュー例〜
焼きフランクフルト
焼きそば
焼きトウモロコシ

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

【日 時】
 2017年10月28日(土)
  開 場:12:30
  閉 場:17:00頃まで
  ♨出入り自由

【開催場所】
 「鹿島湯」
   さいたま市南区別所3-3-10
   浦和駅から徒歩15分
   国道17号沿いスターバックス隣り
   駐車場あり

※鹿島湯HP: http://1010kashimayu.wixsite.com/home
  
【入場料】無料
  来場時に合い言葉『ホームなのにアウェイ!』と
  言ってください。
  入場券の代わりになります!

【開催内容】
  ♨銭湯ペンキ絵制作見学

  ♨田中のお絵描きワークショップ
   (小学生対象)
   14:00か15:00ぐらい〜約1時間

    出来上がった絵は 鹿島湯にて展示予定です
    目指せ!将来のアーティスト!

  ♨檜のメッセージカード作り
   …天然の檜で作った輪切りカードに
    メッセージを書いて
    銭湯の湯船に浮かべちゃおう!
    優しい檜の香りに癒されます

  ♨ゲームコーナー
   キックターゲット鹿島湯版!
   …ボールを蹴って桶にシュート!
    上手く入れば景品ゲット?!


「銭湯もりあげた~い」の皆様のFacebookに情報が掲載されています。ご覧ください。
https://www.facebook.com/1010moriage/

「文京の湯 銭湯MUSEUM」に合わせ、本日2017年10月15日(日)のイベントと今後のラジオでの展示紹介と、気になるお湯「怒涛のスッパシトラス湯」について

本日連投の4つの記事の、最後です。

先日も記事にした、「文京の湯 銭湯MUSEUM」。
9日のトークショーにお越し下さったかた、ありがとうございました。
大盛り上がりで、懇親会も様々なかたとお話が出来て楽しかったです。

「銭湯MUSEUM」は文京区の全銭湯6軒で開催中の美術展なのですが、お知らせが沢山あります。
このブログ記事内で4つまとめてお知らせさせて頂きます。

1、2017年10月15日(日)開催「なまえもじイベント」@白山浴場(文京区)
まず、本日10月15日(日)、16:00~19:00も白山浴場にて齋藤史生氏によるイベント「なまえもじイベント」が開催されます。
先着50名に、笑文字(えもじ)作家の齋藤さんが名前を書いてくださるというイベント。
田中も先日のトークショーで頂いたのですが、、、凄く嬉しいですね、名前を頂くという体験。
赤ちゃんへの誕生祝などにも良さそうです。
齋藤さんのにこやかで大らかな雰囲気にも癒されそうです。

ぜひ、お越しください。
白山浴場の情報はこちらをご参照ください。
http://www.sentou-bunkyo.com/

(※銭湯名を訂正しました。2017年10月15日 18:19)

2、ラジオ「くにまるジャパンの極みシアター」
10月17日(火)、文化放送(AM1134、FM91.6MHz)のラジオ番組「くにまるジャパンの極みシアター」内で10:15前後に「銭湯MUSEUM」のことが紹介されるそうです。
毎週月~金、9:00~13:00放送中の人気番組「くにまるジャパンの極みシアター」。
10月17日はぜひお聞きください。

番組サイトは下記をご参照ください。
http://www.joqr.co.jp/kiwami/


3、「怒涛のスッパシトラス湯」
「怒涛のスッパシトラス湯」。
気になるネーミングですが、文京の銭湯で楽しめるお湯のことです。
下記のスケジュールで果物湯が楽しめます!!

2017年10月29日 ライム湯
2017年11月19日 みかん湯
2017年12月3日 はっさく湯

柑橘系のお湯、さっぱりしつつ凄くあたたかな気持ちになり幸せ度数が増すのは何故なのでしょうか、、、。
怒涛のスッパシトラス湯、ぜひお楽しみください。
入る銭湯は下記をご参照ください

4、参加作家で写真家の橘田龍馬氏のワークショップが2017年11月11日(日)にあります。
企業とのコラボレーションも多い大活躍の写真家、橘田龍馬氏のワークショップの参加者募集がはじまりました。

無料ですが、申込が必要です。
すぐに埋まってしまうかと思います。
詳細と申込は、下記サイトをご覧ください。

http://sentou-bunkyo.info/





以上、怒涛の文京区「銭湯MUSEUM」関連のお知らせ、様々なイベントありますので、ぜひお楽しみください。