FC2ブログ

朝日新聞デジタルのウェブマガジン「&w」(アンド・ダブリュー)にインタビュー記事が掲載されました_2020年1月27日


朝日新聞デジタルのウェブマガジン「&w」(アンド・ダブリュー)にインタビュー記事が掲載されました。

w_convert_20200127211946.jpeg


下記URLからお読み頂けます。

https://www.asahi.com/and_w/20200127/1219517/

題して「湯船につかりながら滝つぼへトリップ!? 銭湯ペンキ絵の魅力」。
ペンキ絵の楽しみ方などについてお話ししています。

インタビューも記者の方がわかりやすくまとめて下さり、銭湯の様子がわかる写真も沢山掲載されています。

取材先は、台東区の三筋湯さん。
制作記録と銭湯情報は下記からご覧下さい。

http://mizu111.blog40.fc2.com/blog-entry-788.html

三筋湯さんは、伝統的なお寺のような趣きのある造りの銭湯です。ペンキ絵の下には岩も。
男湯浴室では金魚が楽しめ(脱衣所ではなく、浴室からお庭の池の金魚が見える仕組みになっています。)、女湯にも素敵なお庭があります。最寄駅の蔵前は近年お洒落で美味しいカフェなども増えていて、女性にも男性にもオススメです。

銭湯関係者へのインタビューで2回の連載ということで、次回は田中ではなく…
誰れのインタビューか、楽しみですね。

ぜひ、お読み頂けましたら幸いです。
スポンサーサイト



朝日新聞、2020年1月1日、別刷第6部「日本文化」の特集でご紹介頂きました_2020年1月1日

明けましておめでとうございます。
今年も良い年になりますように。

本日、2020年1月1日の朝日新聞別刷第6部「日本文化」の特集にて、田中も一職人としてご紹介頂けました。
わかりやすく素敵な文章でまとめて下さいました。

20200101_convert_20200101153517.jpg
(※文章部分、保護のため部分的に画像加工しております。)

個人的には「消えゆく風情」とは思っておらず、消えないように頑張ろうと思います。

特集では、日本文化に携わる若手の方々が2020年現代にどんな思いでどのような制作をしているかということが書かれています。
色んな作り手のかたがいて、面白いです!!

さて、写真を撮影させて頂いたのは、台東区の寿湯さんです。
ペンキ絵制作日記はこちらです。

http://mizu111.blog40.fc2.com/blog-entry-811.html


銭湯情報を下記にまとめます。

●ペンキ絵制作銭湯
寿湯
〒東京都台東区東上野5-4-17
(銀座線「稲荷町駅」より徒歩2分、JR「上野駅」より徒歩12分)

●営業日時
11:00~25:30、毎月第3木曜休
(年始は3日より営業)

●HP: http://www7.plala.or.jp/iiyudana/

●Twitter: https://twitter.com/kotobukiyu1010?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

---

●The Sento(Japanese public bath) where my work is seen in.
Kotobuki-yu
〒 5-4-17 higashi-ueno, taito-ku, Tokyo Prefecture、Japan
(A 10min. walk from "Inari-cho"Sta./Tokyo metro ginza Line)

●Opening hours
11:00~25:30 , Thu. is closed.

●HP: http://www7.plala.or.jp/iiyudana/

●Twitter: https://twitter.com/kotobukiyu1010?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor


ボディソープもシャンプーもスキンケア用品も設置されている、気軽に行きやすい銭湯です。
サウナも露天風呂も、あります。
御主人の拘りで、ペンキ絵には上野らしいあのモチーフと、御主人がやっていたボクサーが描かれていますので、お風呂に入りつつお楽しみ下さい。

今年も銭湯で良い時間が流れていきますように。

昨夜のNHK「日本で一番しあわせ家族」で、武蔵湯さん(東京都江戸川区)が紹介されました_2019年12月22日放送

コーンフレークでもモナカの話でもないですが、銭湯のお話を。


昨夜19:30、NHKで放送された「日本で一番しあわせ家族」の中で、江戸川区の武蔵湯を営む御家族が紹介されました。
御家族で銭湯のお掃除をする真摯な姿、名言も多々あり、武蔵湯の皆さんの素敵さが伝わってきました。


こちらの銭湯、2016年のリニューアルの際にペンキ絵を描かせて頂いておりました。
制作日記はこちらです。

http://mizu111.blog40.fc2.com/blog-entry-625.html


銭湯の情報は下記をご参照ください。

●ペンキ絵制作銭湯
武蔵湯
〒 江戸川区西小岩1−6−16
JR総武線「小岩」駅下車、徒歩5分

●銭湯営業日時
14:00~24:00、月曜休


●The sento(Japanese public bath) where my work is seen in.
Musashi-yu
〒 1-6-16 Nishikoiwa, Edogawa-ku, Tokyo Prefecture,Japan
JR Sobu Line: Koiwa Sta. / A 5 min walk

●Opening hours
14:00 ~24:00
Monday is closed.


いつも明るい笑顔の若旦那、お会いすると元気になります。
番台の女将さんも気さくで温かくて。
素敵な銭湯、ぜひ年末年始とお風呂を楽しんで頂ければと思います。

テレビ朝日「おっさんずラブ ―in the sky―」の撮影で、鶴の湯(東京都江戸川北小岩)が使われました_2019年12月7日

先日の土曜日、2019年12月7日(土)に放送されたテレビ朝日のドラマ「おっさんずラブ ―in the sky―」に、銭湯のシーンがありました。
撮影で使われた銭湯は、東京都江戸川区北小岩の「鶴の湯」さんです。
SNSなどでも指摘している方がいらしたのですが、2016年に放送されていた「昼のセント酒」でも戸次重幸氏が入浴なさっていた銭湯です。


●「おっさんずラブ ―in the sky―」撮影銭湯
鶴の湯 
〒 東京都江戸川区北小岩7-4―16
京成線「小岩」駅から徒歩10分

●銭湯営業日時
15:00~24:00、水曜休

●The sento(Japanese public bath) where my work is seen in.
Tsuruno-yu
〒 7-4-16 Kitakoiwa,Edogawa-ku、Tokyo Prefecture,Japan
Keisei Line: Koiwa Sta./A 10 min walk

●Opening hours
15:00~24:00、Wednesday is closed



ちなみに、ペンキ絵を制作した際の記録は下記からご参照頂けましたら幸いです。

http://mizu111.blog40.fc2.com/blog-entry-806.html

鶴の湯さんは番台式の銭湯のため、銭湯の中に入るとすぐに脱衣所があり撮影や携帯電話・スマートフォンの使用は不可能ですが、、、
ぜひ、「あのシーンがここで!!」とドラマの世界に浸って頂けましたら幸いです。



※2019年12月9日13:10、一部文章を変更しました。

稲荷湯(東京都千代田区)に2019年度ペンキ絵広告を設置いたしました_2019年12月2日


夏にこちらのブログ内で広告主を募集していた、ペンキ絵広告プロジェクト2019年度版。

詳細はこちらをご覧下さい↓
http://mizu111.blog40.fc2.com/blog-entry-814.html




昨夜、広告を設置させて頂きました。

IMG_3104_convert_20191203170156.jpg

IMG_3105_convert_20191203170230.jpg


稲荷湯さんの住所などは下記をご参照下さい。
●広告設置銭湯
稲荷湯
〒 東京都千代田区内神田1-7-3
JR線、東京メトロ銀座線「神田」駅から徒歩10分
東京メトロ丸の内線「大手町」駅から徒歩3分

●銭湯営業日時
平日14:50~24:00、祝日 14:50~22:30、日曜休


●The sento(Japanese public bath) where my work is seen in.
Sento’s name: Inari-yu
〒 1-7-3 Uchi-kanda,Chiyoda-ku,Tokyo、Japan

・JR and Tokyo Metoro Ginza Line: Kanda Sta./A 10 min walk.
・Tokyo Metoro Marunouchi Line: Otemachi Sta./A 3 min walk

●Opening hours
14:50~24:00, (A national holiday / 14:50~22:30), Sunday is closed.



今年の広告はこちらです。


●「玄氣」「あつんこパン」

IMG_3108_(2)_convert_20191203170436.jpg

稲荷湯から歩いてすぐの、「玄氣」さんと「あつんこパン」さん。
同じ建物の中で、パンはお昼に、居酒屋さんは夜にお楽しみ頂けます。

個性豊かでパワフルな仙人のような「玄氣」の御主人と、明るく可愛らしい「あつんこパン」さんのお店。
なお、玄氣さんは広告の通り「野菜がうまい」のですが、、、
ぶっちゃけますと、お肉も美味しいです。
(野菜については、なかなかお店では買えない珍しい野菜などを出して下さり行く度に驚きがあります。)

個室には亀さんがいて、店内は雰囲気の良い暖かな光の和風空間。
稲荷湯さんへ行った後の寄り道としてもぜひ。
Facebook、やっておられます!!


●「オレたちの台所 どったんば」

IMG_3107_(2)_convert_20191203170351.jpg

こちらも稲荷湯に近い、多人数でも利用しやすい美味しい居酒屋さん。
ランチもあります。

特にご注目頂きたいのが、広告画像内で赤い線で囲まれている矢印の部分。
ここに書いてある言葉をお店で伝えると、嬉しいサービスが、あります!!
稲荷湯さんで、ぜひご確認ください。

予約ができるHPもあるので、検索サイトから「どったんば」で検索を。

こちらからご覧頂けます。
http://www.dottanba.com/


●「雲切目薬」

IMG_3106_(2)_convert_20191203170309.jpg

伝統のある目薬の広告です。
パッケージがレトロで物凄く良い雰囲気ですので、ぜひ下記のスマホ用HPからご確認ください。


スマホ用サイトがこちら。
http://www.kumokirimegusuri.com/


また、雲切目薬の歴史や代々の店主のかたの様子がわかるHPはこちら。
http://w1.avis.ne.jp/~kasahara/


このHP、すごく好きです。
その気持ち、観て頂くと共感して下さるかたも実は多いはずかと。


●「便利屋こまむら」

IMG_3109_(2)_convert_20191203170549.jpg

私の夫の便利屋こまむらも、広告を出させて頂いております。

こまったら、こまむら」。
何かお困りの際は、ぜひお気軽にご相談下さい。

Twitterやっております。




以上、稲荷湯さんでの広告設置のご報告でした。
ぜひ、銭湯に行きつつ寄り道してみて下さい。