FC2ブログ

「STEAM DREAMS: THE JAPANESE PUBLIC BATH 」展、オンライン図録

先日、ブログに書かせて頂いたオーストラリアでの展覧会「STEAM DREAMS: THE JAPANESE PUBLIC BATH 」展(2021年2月12日~5月22日。先日のブログは下記URLからご覧頂けます。
http://mizu111.blog40.fc2.com/blog-entry-870.html )


この展覧会の図録がオンラインでご覧いただけるようになりました。

出展作品・展示風景写真のほか、本展覧会担当学芸員や多治見モザイクタイルミュージアム学芸員の村山氏、文京建築会ユースの栗生はるか氏や銭湯大使のステファニー・コロインさんの文章も掲載されている充実した内容です。
下記URLからご覧頂けますので、ぜひお楽しみください。

https://jpf.org.au/gallery/catalogue/steam-dreams-exhibition-catalogue/

スポンサーサイト



川崎フロンターレ・川崎市浴場組合「18年間ありがとう ケンゴ湯キャンペーン」、再開しています_2021年3月26日まで

1月にブログに書かせて頂いた、川崎フロンターレと川崎市浴場組合の「18年間ありがとう ケンゴ湯キャンペーン」。
(当時のブログは下記URLからご覧頂けます。
http://mizu111.blog40.fc2.com/blog-entry-869.html )

こちらですが、延期期間が終わり3月9日からはじまっています。
スタンプを集めるとプレゼントなどもあるキャンペーンにて、3月26日(金)まで開催とのことです。
川崎市の今井湯、富士見湯(/五十音順)さんでの特別なペンキ絵もぜひご覧ください。

詳細は、下記サイトからご覧いただけます。

https://www.frontale.co.jp/info/2021/0308_6.html


ちなみに、今井湯さんではこのような絵を描かせて頂きました。

IMG_7267_convert_20210320003446.jpg

皆様に中村憲剛選手の川崎フロンターレでの18年間が伝わりますように、

梅の湯(千葉県千葉市)でのペンキ絵制作日記_2021年3月3日_NHK総合「首都圏ネットワーク」

●ペンキ絵制作銭湯
梅の湯
〒 千葉県千葉市花見川区検見川町2-481
JR線「検見川駅」から徒歩20分、京成線「京成検見川駅」から徒歩10分

●銭湯営業日時
15:00~22:00、水曜日休

●HP: https://umenoyu8080.jimdofree.com/


●The sento(Japanese public bath) where my work is seen in.
Umeno-yu

〒千葉県千葉市花見川区検見川町
2-481 Kemigawa-cho, Hanamigawa-ku, Chiba Prefecture,Japan
JR line : Kemigawa Sta. / A 20 min walk.
Keisei line : Keisei Kemigawa Sta. / A 10 min walk.

●Opening hours
15:00~22:00.
Wed. is closed.

●HP: https://umenoyu8080.jimdofree.com/


※今回の梅の湯さんでの制作の様子が、本日2021年3月11日18:30〜のNHK総合「首都圏ネットワーク」番組内で放送される予定です。
(緊急ニュースなどに際し変更の可能性も有ります。)


少し春めいてきた3月、うかがったのは千葉県の梅の湯さんでした。

IMG_7915_convert_20210310234551.jpg

名前通りの、綺麗な梅に惹かれつつ、店内へ。


脱衣所に飾られるお客様が撮った綺麗な写真や、、、
IMG_7909_convert_20210310234133.jpg

女湯の可愛いお雛様。
IMG_7904_convert_20210310233749.jpg

IMG_7906_convert_20210310233835.jpg

なごみます、、、。
IMG_7907_convert_20210310234039.jpg

IMG_7914_convert_20210310234512.jpg

IMG_7913_convert_20210310234352.jpg

IMG_7912_convert_20210310234316.jpg

昔ながらの少しレトロで可愛らしい店内に惚れ惚れしつつ、優しい御主人と明るく気さくな女将さんたちに見守られながらの制作となりました。

こちらの銭湯では、東日本大震災以後、丸山絵師が岩手県の軌跡の一本松を描いてこられました。
梅の湯の御主人が陸前高田市と相談し現地の写真を毎年送って頂いているとのこと。
長い間のやり取りのお話を聞き、その気概に心打たれました。
歴代のペンキ絵の写真も店内でご覧頂けます。
梅の湯さんのHPでも今までの丸山絵師の素敵なペンキ絵の記録がしっかりと残っています。

https://umenoyu8080.jimdofree.com/

今回、絵を描かせて頂くことになり、陸前高田市からの写真をまじまじと拝見しながら震災後10年の時間のことを考えました。
震災後、東北地方の様々なところで絵を描かせて頂いてきたものです。
震災後に何かできないかと伺った瓦礫の中の山田町、宮城県の「アコモイン気仙沼」での制作とその帰り道で観た復興を目指す風景、リニューアルし心地良い場所をつくりあげている「芭蕉の湯」、数年前まで福島県の中ノ沢温泉のさくら祭りで毎年絵を描かせて頂いていた中でみた地元のかたが地域を盛り上げようと切磋琢磨するお姿などが、思い浮かびました。

そして、今回は、少し大きく育った一本松を描いてみることにしました。

IMG_7917_convert_20210310234725.jpg

未来に思いをはせられるように。
水面に映った松に、実際の一本松を描いてみました。
反映ならぬ繁栄を願うものとして。

反対側の女湯には、御主人からのご要望で松島の福浦橋(出会い橋)が描かれています。

IMG_7916_convert_20210310234640.jpg


被災されたかたに、どうか思いが届きますように。


---
2021年3月11日12:55、「首都圏ネットワーク」の情報追記

平和湯(東京都豊島区)でのペンキ絵制作日記_2021年2月7日

●ペンキ絵制作銭湯
平和湯
〒豊島区池袋2−64−11
JR線、東京メトロなど多数路線「池袋」駅下車、徒歩5分

●銭湯営業日時
15:00~25:00、月・木曜日休

●HP: http://www.heiwayu.net/


●The sento(Japanese public bath) where my work is seen in.
Heiwa-yu
〒 2-64-11 ikebukuro, toshima-ku, Tokyo Prefecture,Japan
Multi route : Ikebukuro Sta. / A 5 min walk

●Opening hours
15:00~25:00.
Mon. and Thu. are closed.

●HP: http://www.heiwayu.net/



2月8日(月)までお休みをなさっていた平和湯さんが本日から営業再開です。
池袋駅北口から歩いてすぐの銭湯で、便利です。

ライブハウスや、サウナのあるビルの地下にある銭湯です。
地下の銭湯は珍しく、慣れないかたは中の様子がわからずドキドキしてしまうかと思われるため写真を載せていきます。

スーパーの向かいにあるビルです。

IMG_7610_convert_20210209114033.jpg

同じビルにサウナもあるのですね、、、

IMG_7613_(2)_convert_20210209114426.jpg

看板、わかりやすいです。

IMG_7612_convert_20210209114225.jpg

コインランドリーもあり、、、

IMG_7614_convert_20210209114631.jpg

IMG_7615_(3)_convert_20210209114738.jpg

IMG_7618_convert_20210209114843.jpg

可愛いタイルや、素敵な灯りをみながらおりていきます。
カラフルな玄関、少しレトロで味があってぐっときます。

IMG_7620_convert_20210209115048.jpg

若者にも安心なフロント形式。

IMG_7621_convert_20210209115308.jpg

女湯脱衣所には、赤ちゃん用おしめかえの台もあります。

IMG_7622_convert_20210209115357.jpg

洗面台も綺麗。

IMG_7623_convert_20210209115454.jpg

今回、女湯へのみの絵の制作となりました。
タイルとフレーム枠のあった壁を一部改修なさり、絵を描いていきます。

IMG_7624_convert_20210209115548.jpg

ベージュのシックなタイルに色味をあわせてみました。

IMG_7628_(1)_convert_20210209115813.jpg

今回の絵、銭湯ペンキ絵にはめずらしく、線が描いてあります。
何故なら、女湯には女性を描いたタイルの絵があり、これに合うようにしてみました。

IMG_7629_(1)_convert_20210209115952.jpg

タイルに描かれた女性、媚びることなく冷静な目線で、、、女性なら、色々と考えさせられる絵で素敵ですね。

IMG_7626_convert_20210209115651.jpg

なお、やはりアマビエさんがいますので、探して頂ければありがたい限りです。

IMG_7630_(1)_convert_20210209120104.jpg

明るく優しく美しきご夫婦が営む銭湯、若いかたも利用しやすそうです。
感じの良いかたがたで、元気が頂ける銭湯でした。
コロナに気をつけ体調確認や黙浴を守らねばならない時期ですが、落ち着いたらぜひ。

---
※2021年2月9日12:37、記事を加筆修正しました。


なみのゆ(東京都杉並区)でのペンキ絵制作日記_2021年1月

●ペンキ絵制作銭湯
なみのゆ
〒東京都杉並区高円寺北3-29-2
中央線「高円寺」駅下車、徒歩7分

●銭湯営業日時
15:00~24:00。日曜は朝湯8:00~12:00も有。水曜は18:00~24:00.

●HP: http://naminoyu.com/

●Twitter: https://twitter.com/naminoyu_staff


●The sento(Japanese public bath) where my work is seen in.
Namino-yu
〒 3-29-2, kita-koenji, suginami-ku, Tokyo Prefecture,Japan
Chuo Line : Koenji Sta. / A 7 min walk

●Opening hours
15:00~24:00.
Sun. is 8:00~12:00,15:00~24:00.
Wed. is 18:00~24:00.


銭湯は色んな紹介の仕方がありますが、この「なみのゆ」さんはこの一言につきます。

セルフビルド銭湯。



自分で建築物を建ててしまう方々が、世の中にはいらっしゃいます。
例えば、現代の日本では岡啓輔さんが有名でしょうか。
色んなかたから岡啓輔さんの蟻鱒鳶ルはチェックすべしと言われ、『バベる!』(筑摩書房)など愛読させて頂いてきたのですが、、、

なみのゆの大旦那、耐震工事のために、昨年、バベってました。
リフォーム業者は使わず、ご自分がメインとなり選び抜いた数名の職人さんと耐震改築工事をしてしまうという偉業。
で、1年以上かけて少しずつリフォームを続け、まる1日休んだのは数日という、信じられないスケジュールで工事をしておられました。


天井補強のため、浴室内は、この足場ガチガチの状態で営業。

IMG_6487_convert_20210209023914.jpg

(※先月までの通常営業日の様子)


ちなみに、外観はこのような感じでした。

IMG_7309_convert_20210209024140.jpg

外も中も足場がガンガン。
これ、ときめかないわけないでしょ。
最高でしょ。
素材からこだわりまくって頼むと予算オーバーになる上に技術的にやれる業者がいないから自分でやるしかなかったという、そんなセルフ耐震補強改築。(建てたわけではないから、セルフビルドはなないのかも、、、とここで少し名称を変えました。恐縮です。)

こんなに無茶苦茶に面白いことをなさっているのに、Twitterをみても利用客からの細かい情報が出ていないという謎。
アホか。

いや、営業中だと浴室内の写真が撮れないからなのか???
お客様の気持ちはどこで発せられているのか???
、、、と思っていたら、意見箱があってそこに様々な感想が投稿されているということで、、、





全てひっくるめて、最高か!!!!!!!!!!!







興奮しすぎて言葉が乱れてしまい、申し訳ありません。
そんなこんなで、1月中、営業時間前に数日通って制作をさせて頂きました。

今回、せっかく足場があるのだからということで天井にも絵を描かせて頂きました。

IMG_7509_convert_20210209024338.jpg

制作時はこのような天井の足場の上の様子でした。

IMG_7312_convert_20210209024233.jpg

(※写真はサポートの夫の姿です)


描き替えた絵がこちらです。

IMG_7530_convert_20210209024447.jpg

IMG_7533_(1)_convert_20210209024556.jpg

こんな、小さな写真では伝わらない、、、
天井と壁画とを一緒にご覧頂きたい、、、


ちなみに、今回もアマビエさんがいます。

IMG_7534_(1)_convert_20210209024656.jpg

お店の外の、元スタッフさんが描いた壁画も最高で、、、

IMG_6461_convert_20210209024037.jpg

実際に、なみのゆさんでお楽しみ頂けましたら幸いです。
何故鯉のぼりのなのかは、どうかなみのゆさんのHPをご覧ください。


---
※2021年2月9日12:15、誤字および表現を一部変えました。